メッセンジャーはどこか必ず胡散臭い法則

1

 

 

 

 

 

これ、「真理は隠される法則」にも通じることなのですけども、、、

 


霊的な能力があり、死後世界について語るメッセンジャーは、どういうわけか誰もが、必ず、何らかの疑わしい部分がある・・・って思ったことありませんか?

 

 

 

長い間、スピ世界を見渡してきましたが、これから逃れられている人ってホント存在しないな〜と思う。必ず、どこかに疑わしい何かの要素・噂・疑惑等を持っている。完璧な人がほぼゼロなの。信頼できそうなのは無名を貫いて死んだ外国人ぐらい。(単なる情報不足かも)

 

 

 

まず、この不信感の原因に真っ先にあげられるものが、やっぱりお金の問題です。

 

 

 

もうお金を稼ぐようになった時点で、世間から「金のための詐欺」と思われ不信感を持たれることは避けられません。が、大多数の霊能力者は、お金に関しては99%が全滅です。(みゆ調べ)

 

 

 

いや、ここでは、霊的な能力を使ってお金を稼ぐことが「悪い」と言いたいわけではないですよ(許しがたいものは沢山あるけど)。善悪の問題とは全く別で、あくまで、"懐疑的な立場の人たちからすると不信の要素になる" という意味です。

 

 

 

これ、生まれつき霊感があったり、特に証拠がなくても死後世界を信じることができるタイプの人たちにはわからない感覚かもしれません。

 

 

***

 

 

 

しかし、「霊能力を使って"個人からお金を貰うこと"は、上の世界から固く禁じられている」として、無償で何らかの活動をしている人は、世界中を見渡すと沢山います。意外なことに日本にもいる。

 

 


私が知る限り、この点に関して最も完璧だったのは、死後世界へ往来し、チャネリング能力に長けていた某日本女性で、彼女は、電話相談無料、セミナーほぼ無料(会場費割り勘)、施術無料の凄い人でした。霊的な能力を使って、悩んでいる人からお金を貰うことのエネルギー的な怖さを向こうの世界からよ〜く指導されていたそうで、贈り物を貰っても必ず返すくらい徹底していた。

 

 

 

彼女にはそれが可能な家庭環境が揃っていたのですが、考えてみれば、そもそも霊界が誰かを選んで何らかの「使命」を与えるのならば、こういう人に与えればいいはずなのです。金持ち専業主婦とか、資産家年金暮らしとか、困っている人たちからお金を貰わなくても生活していける人なんて、実は世の中には沢山いるのだから。

 

 

 

では、お金に関して殆ど完璧に信頼できる人であっても、こういうタイプの人に疑わしい要素が一点の曇りもないか?というと、これがまたそうはいかないんだな。

 

 

 

例えば、無償の活動をしている人が、政治権力を持った組織に所属していたりすると、アウトなのです。いくら無償活動であっても、信望者たちの政治思想に変化を起こせるほどの影響力を持ち始めたとき、どうしても広報工作員という仮説が成り立ってしまうから。巨大権力を持つ組織に利する情報を広めていると、これが怪しい要素になる。

 

 

 

なんてったって、宗教・スピリチュアルには、政治を動かす凄い力がありますからね。霊的な視点から政治を語られてしまうと、元の考えがコロっと変わったり、影響を受ける人は多いのです。あ、これに関しても、実際にそういう人がいるとか、霊能者は政治に言及するべきではないと言いたいのではなく、あくまで、仮説が成り立ち、"疑いの要素になる" という意味。

 

 

 

あと、何年か前に買った本には、とても面白い霊界往来体験記が書かれていたのですが、著者の盗作騒動のゴタゴタで折角、素晴らしい内容なのにどこかケチがついてしまった、ということもありました。

 

 

***

 

 

私ねぇ、これまで散々、スピリチュアルな物件に騙され、失望した経験を繰り返してきたので、特定のスピ物件に関しては、まず最初に「それが嘘・ニセモノである可能性」のほうから考えるクセがついちまってるのです、悲しいことに。

 

 

 

だから、そういう私の基準からすると、はっきり言って絶対に信じられるような完璧なメッセンジャーというのは、いないのです。

 

 

 

・・・いないのですが〜、「あ、、このメッセージのこの部分は本当なのだろうなあ」という内容を語っている人は沢山います。その根拠は、自分のこれまでの経験に照らし合わせてそう思うだけなのですが。

 

 

 

ただ私自身が、唯物的な視点で判断しなくなったことと、体外離脱を異次元世界体験だと確信するようになったこともあり、霊的体験を主張する人に対して、「嘘をついている可能性」という観点からは殆ど疑わなくなりました。

 

 

 

やっぱり彼らだって、生活のため、家族を養うために必要だからこそ、お金を稼ぐのであって、丸きりハナっから嘘をついて商売道具にしている人はいたとしても少数派なのだろうなぁ、とは思うようになりました。

 

 

 

それより何より今は、「この人、低次の幽界霊に騙されてるんだろう」とか、「その体験、幽界のパラレル世界の一つだろう」とか、そっち方面の疑いが多いのですよね。

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

いつも、どうもありがとう。

ブログを読んでくれた人たちの

幸せをお祈りしています(−人−。)


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



お薦め記事

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

検索

その他

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM