ある引き寄せカウンセラーの結末

1

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます〜。新ブログに引っ越してからは、ロクに更新もなく、記事数も70程度しか無いのですが、これまで沢山の人たちにアクセスしていただいて本当に感謝です。今年はちゃんと更新しますので、どうぞよろしく〜〜!(´∀`* )

 

 

 

****

 

 

 

とあるチャネラー兼・引き寄せカウンセラーの話をしましょうか。仮にこの人をRさんとします。

 

 

 

Rさんは、一時期、スピ世界でもけっこう勢いのある存在でした。カリスマ性のあるRさんの講演会を聞き、本を読んだ人であれば、Rさんは天性の引き寄せ達人という印象を持った人も多いはずです。傍目から見るとこの人、潜在意識の力を使ってスイスイ自分の願いを叶え、パワフルに生きているように見える典型人だった。

 

 

 

本人曰く、「沢山の人がワクワク情熱を追求して願いを叶え、地球人の意識の周波数を上げるよう、お手伝いすることが私の使命!」ということでした。

 

 

 

でも次第にRさんからは周囲の人間が離れていき、Rさんは多額の借金を背負いこむ状態にまでなってしまいました。金銭的に相当厳しい状況に追い込まれたそうです。

 

 

 

Rさんは、「豊かさの引き寄せ」などの個人セッションをしていた人だというのに、一体どういうことでしょう?

 

 

 

****

 

 

 

人間の生涯の裏にはあの世に逝って初めて知る複雑な背景が存在するようなので、勝手に他人が判断できるようなものではないとは思うのですが〜・・・でも私はRさんの話を聞いて、特に驚かなかった。

 

 

 

Rさんってねぇ、霊的な能力者が遵守しなければならない霊界の禁止事項を破っていたそうなんですよね。これは、Rさんと関わっていた別の霊的能力者さんたちから聞いた話ですが、この禁止事項とは、お金に関すること。よって、今はもうRさんに対する向こうの世界からのサポートは消えているそうです。

 

 

 

確かに常識的に見ても、Rさんは、ちょっと「えげつない商売」をしてはいた。(詐欺同然のものまであったし)・・・うーん、でも、このタイプの人はスピ世界ではとても多いし、Rさん以上に酷い人なんて、それこそゴロゴロいるんだけどなあ。

 

 

 

例えば、この前アメブロで見たのは、「宇宙の大本と繋げる遠隔ワーク10万円」ってやつ。まったく、相変わらず多くの人が、非常に斬新な手法で振り込め詐欺をしていらっしゃる。

 

 

 

ちなみにRさんは、宇宙人系のチャネラーだったのですが、コンタクトしていた宇宙人は、Rさんに「使命」を与え、散々、その気にさせておいて、最後には通信不能になったそうな。この宇宙人たちは、アミとバシャールを混ぜたような、凄くイイ話をする存在だったのに。

 

 

 

****

 

 

 

大多数の人たちにとって、チャネリングの宇宙人というのは、例えるなら、どこかの霊能者が小学生の子供にスピリチュアルなことを教えてくれる・・・そんな程度の存在であり、間柄に過ぎないと私は思うわけです。勿論そこで良い影響だけを与えられるならいい。

 

 


でも社会において子供が悪さをした時に、まず直接、制裁を食らわすことができる存在は誰かといえば、それはです、親。オイタが酷いと警察の厄介になる。この親にあたるのが守護霊であり、警察は地球の霊界にあたるのですが、この時、霊能者=宇宙人は、何も手出しできません。彼らは所詮、お客様。

 

 

 

霊能者の影響で、まだ小学生の子供なのに、「私は本来、自由な存在だ。親の所有物じゃない。親や社会は不当に自分を制約し、コントロールしている!」みたいなことを思っても、所詮は無力な子供。いや、これはもしかしたら、本当のことかもしれないけれど、まずは成人して自立して力と分別をつけなきゃあ。

 

 

 

やっぱり、その親元から生まれ、人間社会で生きる以上は、まずは自分の運命を直接どうこう出来る存在たちをナメてはいけない。まあ、生まれた時から親(守護霊)がネグレクト状態なので、ペラペラと色々教えてくれる霊能者(宇宙人)のほうに親近感を持ってしまうのも無理はないのですが。それでも、人間が一応、従っておいたほうがいいのは、親と警察なのです。

 

(↑傍目からすると、キチ○イの文章に見えるに違いない)

 

 

 

私が出会った人の中にはもう一人、地球外の存在(単なる悪霊かも)に洗脳され、選民思想的な夢を持たされた挙句、色々あって結局、最後には、霊能力を無くし、社会的には再起不能、みたいな状態になってしまった、、という人がいます。

 

 

 

彼も、ある霊界ルールを破っていて、人として心を磨く意識みたいなものが大きく欠落していた。だからか、自分が現実社会で受けた一連の不幸を、「霊界からの制裁」と言っていました。「(その地球外の存在は)圧倒的に守護霊より凄い力を持っていた」と思ったんだって。うーん、力の問題じゃないからなあ。

 

 

 

****

 

 

 

それはともかく、Rさんの一件は、豊かだと思い続けていれば引き寄せでお金持ちに〜とかじゃないわな、ということを見せてくれました。やっぱり正統な理由なく、沢山の人からお金を貰っていればブーメランになる。

 

 

 

(あ、多額の借金だとか、困窮している人たちが自業自得であると言いたいわけでは決してないですよ。むしろお人好しすぎて借金まみれになった間寛平師匠のような例もあるし)

 

 

 

この世では、一見するとブーメランを食らっていないと思える人は沢山いるけれど、そんなの最後の最後のことはわからないと私は思うわけです。あの世って、けっこうシビアだから。

 

 

 

Rさん、今はどうしてるのかな。面白い人だったのに残念だわ。しかーし、人生は長い。今後のRさんの復活を密かに願います。がんばれ、Rさん!

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



お薦め記事

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

検索

その他

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM