真理は隠される仕組み

0

     

     

     

    (前回のつづき)

     

     

     

    例えば、この私。自分が不幸になったのと同時に霊的なものを一切信じなくなった時期がありました。

     

     

     

    こーなるともう、とことん人間性が歪みきって、クズっぷりを周囲に露呈していました。幸せいっぱいの新婚兄嫁にケリを入れるわ、兄貴のネクタイ切り刻むわ、暴れて母親の首は絞めるわ、まー、酷いもんです。当時、うちの親もよくぞ私を飼い続けてくれた。

     

     

     

    つまり、これが私の素の魂レベルということなのです。いやー、お恥ずかしい。(´∀` )ハハ・・

     

     

     

    それ以前の、幸福でスピリチュアルなことを信じていた頃の私は、自分はそれなりの良い人間だと思い、随分とキレイごとを言っていたものです。それがこのざまだよ(笑)m9(^Д^) まったくプギャーとしか言いようがありません。

     

     

     

    やっぱり、自分が幸せで何らかの信仰を持っているような状態では、本人の魂の実態はわからない。不幸のドン底+無神論者みたいなコラボ状態でありながらも、周囲の幸せを考えられる人というが一番凄いのでしょう。

     

     

     

    ちなみにこれ、ちょっとやそっとの中途半端な不幸では化けの皮は剥がれません。本人的に「そんな状態になったら絶対自殺したほうがマシ」ぐらいのものでないと。

     

     

     

    *****

     

     

     

    ただ唯一マシな点があるとすれば、むしろ私は霊的なことを一切信じなくなってから、以前にも増して、ホームレスのおじさん達にお金や食べ物等を渡す・・という行為を繰り返すようになったことです。

     

     

     

    なぜかというと、神も仏もないこの世界で運悪くそんな境遇に陥ってしまっただけの人たちなんだと、本気で同情したからなのですが。あ、でもコレ、別に偉くもなんともないのですよ。

     

     

     

    だってこの件によってわかることは、要するに私は、不幸+無神論者の状態に陥った時には、自分より不幸な人間には優しくできても、自分よりも幸せな人たちは気に食わずに毒を撒き散らす人間だったということだから(・∀・ ;)

     

     

    ***

     

     

    ところで皆さんは、前回で挙げた精神世界における二つのパターンの説のうち、どちらに共感します??実際は、この説のようにクッキリと分かれているわけではなくて、所々で混在している感じなのですが。

     

     

     

    どうもチャネリング系の本ばかり読んでいると、2番に偏っていく傾向がありますね。「引き寄せの法則」にハマるとかね。

     

     

     

    私は「引き寄せの法則」を否定はしないけど、かといって、このタイプの哲学だけに偏る生き方をおススメしません。というのも2番タイプの妄信的な追及は、1番よりも、しくじり率が高いと思っているからです。はい。(・ω・)

     

     

    (つづく)

     

     

     

     

     


     

     

     

     

     

     

     



    お薦め記事

    最新の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    検索

    その他

    モバイル

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM