真理は隠される仕組み

0

     

     

     


    以前、私が出会った人の中に、臨死体験のような覚醒を経て以降、霊界体験がとても豊富・・という男性がいたんですね。サワヤカな好青年だったのですが、この人とあの世や体外離脱について楽しくお話したとき、彼がこんなことを言っていたのです。

     

     


    「なんか霊界ってね〜、絶対にあの世の法則に関して、世界中の誰もが認めてしまうような確実な証拠は出さないようにしてるみたいなんだよねぇ〜わざと」

     

    ・・・って。

     

     


    これね、私もずっと思ってきました。特に真理に関しては、どうも地上の人間には絶対確実なものを示さずに、人間を試しているフシがあるなって。

     

     

     

    こういう「神様に試されてる」的な発想はクリスチャンみたいで好きじゃないのだけど、でもやっぱり、人間のの魂の有り様を試すには、こうするしかないのかなあ。

     

     


    例えば、輪廻転生というものがあって、今生の生き方が来世の環境に影響するという法則を誰もが確実に信じている世の中になってしまったら、自分の来世のために奉仕的な行為をするという人間も続出するでしょうね。偽善でも出来るだけ偉いけど。

     

     

     

    ***

     

     

     

    でもそいつは杞憂というもの。だって、輪廻転生があると思えるような情報と共に、そんなもんないよ!と思えるような情報もちゃーんと用意されているから。それは唯物論の観点からだけでなく、死後世界を信じる立場の情報からでも、盛り沢山です。

     

     

     

    選べる宗教の選択肢がロクに無かった100年前とは違って、現代は大抵の先進国ならば霊的真理に関する情報はより取りみどり。とはいっても今は今で、スピの狭い枠の中だけでも逆に情報が氾濫しすぎて迷うようになっています。

     

     

     

    例えば、昔から精神世界にある、以下のような相反する主張の数々・・・

     

     

     

     


     ゚Д゚  )
    「人は魂の成長のために生まれてくるのです。

    人間において最も大切なことは、奉仕の心と利他愛です。

    人生における苦しみもそれは過去世のカルマを清算できるありがたーい機会。

    もし人が過去世の全てを覚えていたら、自分の宿命的な境遇にも納得できることでしょう。
    地上では社会的に成功した人が尊敬されますが、霊界ではむしろ逆です。
    幸福で恵まれた人というのは、実は魂レベルではまだまだ初級者であることが多いのです。
    そして、地上において障害が多く苦しんだ人は魂の上級者であり、

    霊界では、苦難によって魂を磨いた人ほど尊敬されるのです。
    他人に行った行為はいずれは自分にかえります。仮に不貞行為を行えば、

    今生、もしくは来世で配偶者から同じ裏切りにあう因子を作るでしょう。」

     

     

    ◆福∀・)
    「私たちはこの地球に、喜びと幸せを体験するために生まれてきました!
    ワクワク楽しく情熱に従って生きる引き寄せのマスターが、振動数の高い人です。
    過去世のカルマ??HAHAHA!!そんなものはありません。

    しかし、あなたがカルマを信じるならば現実になります。
    苦しみや貧しいことは美徳ではありません。
    単にその人はそーいう経験をしてみたかったのです。
    不倫?それはこの地球で設定されているルールに過ぎません。
    進化した高次元の惑星ではパートナーシップは束縛するものではなく、
    お互いが自分の有りのままでいることを許し、ただ愛しかありません。
    宇宙には良いとか悪いとか、善悪はないのです。ジャッジを手放しましょう。

    ところでクジラを食すのはいかがなもんでしょう?」

     

     

    ****

     

     

     

    1番で「そうか、利他愛か!ボランティアでもしてみっか!」などと思っても、あらま!ちゃんと2番で、自分の欲望と幸せだけを追求する人が出てくるように出来てる。

     

     

     

    「将来、引き寄せが成功して大金持ちになったら寄付しよう」などと夢想し、何もしないうちにあの世逝き・・・みたいな人もいたりして。

     

     


    いやこれ別に、,正しくて△間違っているということが言いたいのではなく、1番も2番も、きっと、それなりに正しい部分はあるのだろうけど、信念が極端に偏るとおかしなことになるんじゃないでしょうか?

     

     

     

    やっぱり、自分がどんな教えに特に共鳴して何を実行に移すかで、その人の内面が曝け出されるってものですな。どのような人生哲学で生きるべきか?何をどう選ぶかは、もう完全にその人次第。(´∀`∩)

     

     

     

     

     

     


    人気ブログランキング

     

     

     

     

     

     

     



    お薦め記事

    最新の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    検索

    その他

    モバイル

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM