非物質世界への耽溺

0

     

     

     

     

    私は、これまでずっと「ただの脳内現象に過ぎない」と思ってきた体外離脱が、異次元世界の体験なのだと確信できるようになってからというもの、ここ数年の間は異次元世界中毒とでもいうような変な状態になっていました。(´・ω・`)

     


    いやあ・・・面白くって。向こうの世界の存在たちに何かを教えてもらったり、一緒に遊んだりすることは。

     


    疑いのブロックが外れて調子に乗ってしまったのか夢中になっていたら、いつの間にか現実生活の中で非物質世界との関わりが自分の思考の大半を占めるようになり、向こうの世界での出来事に一喜一憂、大喜びしたり、落ち込んだり、イライラしたり・・・といったバカげた状態になっていました。

     

     

     

    学んだことの数々は有益で役立ったのだけど、耽溺の度が過ぎたというか。エネルギー浪費の悪影響に気づいて今は現実生活だけに集中してるんですけどね。

     

     

     

    一時期、そんな自分の体験した出来事をいろいろブログに書こうかとも思ったのですが・・・やめました。(・ω・)今の私には、無限広大な非物質世界の全貌を見極める能力なんて無いし、結局は自分の主観における体験でしかないので、そんなものを書いたところで、たいした価値はないと思って。

     

     

     

    それより、もう一度初心に戻って、知覚能力の高い友人と共同探索をして、現実とリンクするかどうかを地味に検証したほうが有益かもしれない。ただこれ、自分と周波数が似たような人でないと、どういうわけか難しいんだよなあ・・。

     

     

     

    *****

     

     

     

    以前の私は、非物質世界の全貌を見極める能力というものがあるとすれば、それははどちらかというと、サイキックな「能力」の範疇のものだと思っていました。でも今はね〜、それはちょっと違うと思っているんです。

     

     

     

    私が出会ってきた、能力で非物質世界を探索している人たちの中には、明らかにおかしな世界や存在にコントロールされていた人たちが何人もいたのですよね。本人からするとその世界は「地球の霊界」とか「天上界」だという認識なんだけど、私から見ると、彼らはアストラル界のパラレルな自分宇宙に囚われているだけにしか思えないの。

     

     

     

    おまけにどういうわけか、そういう人たちの共通点としては、本人の現実の人生はまるっきり、ちゃんとしていないんだな・・。これ、あくまで私の経験なのですが、非物質世界の体験というものは常に自分の意識レベルと連動しあっていたのですよね。だから、心の成長が伴わないうちはより広い視野での見極めは難しいのかもしれない・・・と思うようになりました。

     

     

     

    なんというか、知覚能力はあるけど願望実現などに夢中で霊性は重要視しない人たちが、簡単にアストラル界のトラップに引っかかっているんじゃないか?と思えて仕方がないのです。いや、私自身も霊性や人間性という面ではゴミレベルですが、人としての理想だけはやたらあるので(実行の伴わない口だけ番長の特徴で)、だからこそ思います。

     

     

     

    アストラル界を探求していくと、あそこは私が想像していた以上に複雑で見極めの難しい領域でした。ヘミシンクのフォーカス○○なんて自分基準は意味ないんじゃ??と思うほどに。例えば、アストラル領域という鳥かごの中で、「ここはフォーカス100だ!天上界だ!私は自由な存在なんだ〜!」って、ぐ〜るぐるとやっていてもおかしくないくらい、個人の信念に応じたパラレル世界が広がっているようなのです。

     

     

     

    あ、あくまで例え話ですけどね、まあ、そのくらい判断が難しいってことで。たぶん、死ねば誰もが自分だけのパラレル世界に移行する状態になるのかもしれないけど、上のほうのアストラル領域は、物質次元に近い楽しさが残っている分、中毒性のある天国、極楽かもしれません。

     

     

     

    もちろん、ヘミシンクで、ちゃんと実際の?と言ったら変だけど、高い領域の世界に行っている人たちも沢山いると思います。でも一部の人は、アストラル領域のパラレル世界を何か凄い高次元世界や、地球における最終霊界かのように勘違してしまうこともあるんじゃないですかね。

     

     

     

    *****

     

     

     

    それで、私自身もわけがわからなくなった時期がありました。「ガイドに聞けばいいじゃん」って思うでしょう?でも、そもそも、そのガイドと思わしき回答者だって疑ってかからないと。非物質世界の案内人や教え好きの存在はいわゆる「自分の守護霊」とは限らないしね。実際、初期の頃に私が向こうの世界で会ったガイドのような振る舞いをしていた人たちは、その回答を鵜呑みにしてもいいような存在ではなかったんですよ。

     

     

     

    最初は、彼らの(8人くらいいた)地上では見たことがないような外見の美しさに、とにかく圧倒されました。話をしてみれば心理カウンセラーのように優しいので心地いいし、有害ではないのですが・・・簡単に言うと、私を成長させてくれるような有益な存在ではなかったので信頼に値しないのです。時々、この手の外見のいい異性ガイドと戯れている人がいるけど、ああいう類なのかなあ。体外離脱直後に「ガイドに会う!」とアファメーションしてから出てきたのが彼らだったのに。

     

     

     

    ちなみに、私の知りあいの女性には、ガイドが超美形の大天使ミカエルなの、という人がいて、その人は一年中「またミカエルと喧嘩した・・」とか言ってはイチャイチャと戯れているのですが、おんなじような中身カラッポガイドの匂いがプンプンして仕方がないです(笑)

     

     

     

    それはともかく、ある時期、この「ガイド」という定義が広範囲な言葉はどんなもんだろう?と思い、「守護霊」と言って呼び出すようにしてみたのですが、そしたら、どうも本物としか思えないような守護霊が出てきました。

     

     

     

    高羽そらさんが、本の中で「初めて自分のガイドに会った時のことを思い出すと涙が出てしまう」というようなことを書いていたのですが、これ、私もそうなのです。初めて自分の守護霊と会えた時のことをふと思い出すと、なんか感極まって泣けてくるんですよ。

     

     

     

    向こうの世界でその守護霊を見た瞬間、「あ・・こいつ、私の守護霊だ(涙)」となぜかわかって、その時の安心感を思い出すからなのかなんなのかはわからないんですけどね。

     

     

     

    結局、自分の守護霊だと確信できた存在は二人しかいないのですが、彼らはいつも「自分でよく考えろスタンス」でね、時々、華麗に登場しては何か重要なメッセージを言い放って去っていくタイプなのです。体脱中はいつも私の後ろにくっ付いているのだけど、透明人間状態で姿を隠しているし。他のヘミシンクの人たちみたいに、一年中、コミュニケーションとれるわけではないんですよねぇ。

     

     

     

    でもまあ、だからこそ、この守護霊たちだけは信頼しているともいえます。彼らは、私が誰かを助けたり、酷いことをした相手を明るく許したり、私の心の成長と人生の課題の達成に対して、特別の関心を持っているようだから。

     

     

     

    自分でも成長したなあ・・と思えた時期に守護霊のうちの一人と会ったら、彼の輝きがキラキラと増していたんですよ。この守護霊は、生前は私と同じような人生の課題を持っていた人物なので、どうやら私たちは共に成長していく関係みたいです。

     

     

     

    この守護霊たちは、疑問に思うことを何でもペラペラと答えてくれるわけじゃないから正直、面白くはないです。ただ逆にペラペラと、本来自分で考えて答えを出すべきことを教えてくれるような存在は、無自覚のままコントロールされていたり、耽溺、依存して道を誤る可能性もあるので、ちょっと疑ったほうがいいかもしれません。

     

     

     

    まあ、この話をしだすと本当にキリがないのですが〜、そんなモロモロの経緯があって、暫くは体外離脱よりも現実生活で自分を成長させることに集中しているというわけなのでした。(・−・)

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    お薦め記事

    最新の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    検索

    その他

    モバイル

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM