夢でメッセージを伝えようとする死者

0

     

     


    皆さん、こんにちは!やる気があるのかないのか、いつも更新ペースが謎なこのブログにきてくださり、どうもありがとうございます。(´∀`* )



    さて突然ですが、「死者が夢の中に現れてメッセージを伝える」というような話を信じますか?



    いわゆる"夢枕に立つ"というやつです。私はこれ、けっこう信じているんですよ。身内や知り合いに経験者がいるから。



    退行催眠による中間生(あの世)の記憶を研究しているマイケル・ニュートンの本(2冊目)にも、死者が遺族の夢の中に入ってメッセージを伝えようと奮闘する話が出てきます。



    夢は、死者がこの世の人間とコミュニケートするための重要なツールのようです。たかが夢!されど夢!



    ☆☆☆☆



    というわけで、「夢に現れた死者からのメッセージ」によって解決したタイの殺人事件の話がテレビで紹介されていたので、ぜひ動画を見てください。(-@∀@)b



    でもまあ、単純な話なのでオチで、


    「わたすには最初から、お前が犯人だとわかっとったよ!(`ω´ *)」


    ・・
    と思ってしまうようなものなんですけどね。


    しかし、「母親の夢で事件は解決した」って、認めるタイ警察も素直だねえ。



     
     




    私、この動画の夢に出てきたラトリーのシーンを見るたび、なんかゾクゾクしちゃって大変っす(怖)(´Д`;)ヒィ


    「場所は合ってるわ・・もっと深く」って、結構すごいですね。あれ、ピンポイントで場所当てるの難しいと思うんですが。



    以前、東日本大震災の遺族たちの間で、亡くなった家族が夢に出てきてメッセージ貰った経験をした人がとても多い・・という女性誌の記事を読みました。・・・あるんじゃないかなあ。



    大切な家族を亡くされた方、どうか「単なる夢」と片付けないで、夢に心を開いてみてくださいね。



    マイケル・ニュートンの本は、微妙に値段が高いので、次回に該当部分を抜粋します。(・ω・)ノ