非物質世界の性行為事情

0


    誰に頼まれたわけじゃありませんが、清純派のわたすが非物質世界におけるセックス事情について語ります。(-@∀@)<18禁!!別に大したことじゃありませんが、ここから先は、性的な内容を含みますので、不快に感じられる方はお読みにならないでください。



    ☆☆☆☆



    死後世界に関する本を読むと、「天国には地上と同じようなセックスはない」と言っている割合が多いと思いませんか?マシュー君の本だと「天国には性行為が存在しない」とまで言っていたはず。



    「その時点で、天国じゃねーよ!!」・・・と、思う人もいるに違いありません。いや私もね、ずっとこのあたりが疑問だったのです。だって、生涯童貞・処女で生きた人たちは天国に行っても、おあずけなのかい?って。「天国の性的結合は地上よりも素敵説」もありますけど、どーなんだか。



    実際のところ、成仏してからのあの世にはセックスはあるのかないのか?セックスがあるなら、それは挿入アリなのか?なしなのか?お触りだけなのか?うん?そこんとこハッキリしてくれたまえ!!( ノ゚Д゚)



    ということがね、長年の疑問だったのだす。風俗選ぶおっさんみたいですみませんね。まあ、死んだ後のことは未だによくわからないのですが、現時点での私の体脱経験から何となく推測していることはあります。



    それはもしかすると、あの世では領域によってセックスの形態が違うのではないか?・・・ということなんでございますよ。いや、「領域」によって異なるのか、その人が選択できるものなのかは謎なんですが。



    出来れば選択できたほうが楽しそうです。ホラ、食べることへの欲求があるうちは食べ物を食べることができるけど、ある段階を超えると食べるのをやめてエネルギーだけ摂取する・・・みたいな天国説と同じ感じで、性のあり方だって段階を踏んでもいいじゃないですか。(・ω・)



    ☆☆☆☆



    死後のことはともかく、とりあえず言えるのは、体外離脱での性行為には地上と殆ど変わらないものもあれば、地上的ではない体感もあります。いや、私は非物質世界で性行為を最後までしたことはないのですけど。



    なぜって、毎回色んな理由で肉体に戻っちゃうんですよ。相手から誘ってくるので気がついたらおかしな状態になっていることがよくあるのですが、途中で、「こんな誰ともわからない男と・・色情霊かも」と我にかえると肉体に戻ってしまいます。それから、あまりに性的刺激が強いと肉体に戻ってしまいます。



    だから途中までしかわかりませんが、キスとか、自分の体を触られる感じとか、相手の興奮した息づかいとか、そのリアル感は現実と勘違いするくらいで、ある意味では現実より勝ってる部分もあるかも。



    ちょっと生々しい話をして申し訳ないのですが、体脱中に出合った男性との間で、後ろから胸を触られ、屹立した男性器を押し付けられたことがあるんです。そして、正面からのしかかられ、相手は挿入しようとしてきたんですわ。(下品ですみませんね。まあ、あなたのご両親もなさった人類共通の行為ですので)



    ビックリして肉体に逃げたんですけどね。この時はエーテル体(肉体のコピー)で別に妊娠することはないのだけど、正体不明の相手じゃ気持ちが悪いし、怖いのです。というのも、前に話したA君はあっちの世界で巨体マッチョの男から強姦されてリアルで肛門出血していたそうなのですが、エーテル体だと肉体のほうに即効で影響がくるんですよ。



    まあ、この手の男性は高い領域の存在でないことは色んな意味で明らかです。でもだからといって、怖いという感じもしない、普通〜の波動の外人男でした。まったく、非物質世界で遭遇する、あの性欲マンマンな人たちの正体というのは、一体なんなのでしょうか?


    彼らが既に死んでいる存在なのか、私のように肉体を持っている存在なのか、そこらへんはハッキリしないのですが、非物質世界でも、現実と全く同じやり方でセックスをする人たちは存在します。



    それから、ヘミシンクで言うところの、「囚われの領域」ってありますよね。あそこにはセックス地獄(天国か?)もあるようですが、彼らは、現実だと思って性行為をしていると思うんですよね。私は行ったことないのですが、A君はそこに行って、地上の人間のエログロないかがわしい光景に驚愕したそうです。



    だから、物質界に近い(低い)領域ほど、地上と変わらない性行為が残っているのかもしれません。これが、どこのフォーカス番号まで、ということはわからないのですが。



    ☆☆☆☆



    でも、「天国には地上と同じようなセックスはない」と言われると、ああそうかもなあとも思えるんですよ。私が夢体脱で主に徘徊する世界は、フォーカス番号でいうと大体、フォーカス21〜27くらいなんですね。ヘミシンク使ってないけど、夢体脱後はフォーカス番号を意図して移動するので。



    私は、ここで出会った存在にクンダリーニ・エネルギーを送られたり、お互い抱き合ってひたすら性的なエネルギーの放電を受けたり、チャクラに性的な電流が走るような体験を何度かしたのですが、なんというか、「ひょっとしてこの世界の性行為ってこれ?」みたいなエネルギーのやり取りがあるのです。



    それは、簡単に言うと、セクシャルな電気的エネルギーなんですが、毎回、全部が全部同じものではありませんでした。



    もしかしたら、実際はヒーリングだったのかも?お互い服を着たままで私がそう体感しただけなので、本当の「性行為」だったらもっと違うのかもしれません。でも、よく本にあるような「天国のセックスは生殖器の結合を伴わないエネルギー的なもので云々」という話は、大体の検討がつきます。



    たぶん、チャクラに電気的なオーガズムの感覚を延々と体感し続けるみたいな、そんな感じなんじゃないかなあ。このセクシャル放電、確かに本当に気持ちがいい体感です。嫌悪するような「いやらしさ」はないですね。でも、明らかにセクシャルなものなんですよ。なんていうか、高尚なエロスみたいなねー、うん。



    というわけで確証はありませんが、死後、上の領域の世界になればなるほど、生殖器の挿入をしない性行為になるのかもしれません。

    (こんな言葉を太字にしてどーすんだ)



    そして、このセクシャル放電みたいなのを受けると、大抵の人は一定の時間で肉体に戻っちゃうと思うんですね。クリックアウト状態になると思います。



    ☆☆☆☆



    「地上のセックスとどちらが良いものなのか?」と言われたら、いやあ、地上のセックスの良さは地上ならではなんじゃ?と思います。変なこだわりとか性癖を持ってる人ほどそんな風に思うかも。例えば、エネルギーだけを食べ続ける不食の人って、どれだけ楽しいんでしょうね?親しい仲間とおいしい食事をする!これが人生の最高の娯楽の一つじゃないか〜という感じ。



    しか〜〜〜し!このエネルギー的な性の結合だと、夫婦や恋人同士にありがちなセックスの不一致を原因とする破局がないことになるんじゃないですかね。もう、小さいだの早すぎるだのヘタクソだの、そんな細かいことはどーでもいいわけですよ。奥さん!そーいや、天国でそんなことでガッカリしても嫌だぞ。なるほど!そうか天国め。なんだか腑に落ちたぜ(笑)(`・ω・´)



    いやまあ、実際のところよくわからないですけどね。私が色々教えてもらっている非物質世界の存在(たぶんフォーカス27くらい)は、「この領域の性行為に生殖器の結合はない」と言っているのです。



    うん??「この領域」ということは「他の領域」にはあるのか??死後の性の形態には段階があるのか?ということを聞いたのですが、夢体脱状態での回答ではないので知覚に自信がありません。そんな頻繁に夢体脱ができるわけじゃないから。



    こういうのって、どこまで信じていいのでしょうね。その人の願望で受け取る情報が歪みそうだし、他人のチャネリング情報は信じていいものか悩むし、おかしな世界にハマりこんでる人は沢山いるので、本当に自問自答します。まあそんなわけで、あくまで仮説段階の話なので、そこんとこよろしく!( ノ゚Д゚)



    ☆☆☆☆



    話は変わりますが、エーテル体による体外離脱後(夢体脱ではない)には、高確率で行ってしまう領域があるんですね。



    ここは、自分の思念が即効で具現化するような場所のようでね、エーテル界だと思うのです。登場人物が固定化された感じがなくて、自分の意識の揺らぎ次第で、美女がじーさまに変化してしまうような場所(笑)



    だから体脱は脳内現象だろうと思ってしまいやすい場所なのですが、この領域で、自分の願望に合わせた存在を出現させて性行為をするのは可能です。ただそれは限りなく自慰に近い、自作自演かもしれないですけどね。あと、生きた人間も紛れ込んでくる可能性もあるので要注意です。強姦魔多発地帯なんですわ。



    前に、非物質世界でも強姦などの性犯罪を犯してはならないという話をしましたよね。今更な話ですが、性行為は大人同士が合意のもとにする分にはいいと思いますよ。でも、行きずりの相手ではなく、あちらの世界で特定の恋人を見つけて付き合うのが一番いいんじゃないかなあ。



    というわけで今回はこの辺で!読んでくれてありがとうございました。(´∀`* )




    *******



    このブログでは、体外離脱と表現する時と、夢体脱と表現する時があります。体外離脱と言う場合、肉体からエネルギー体を離脱させて非物質世界を探索するという意味です。夢体脱と言う場合は、明晰夢だということに気づいた時にあちらの世界を移動して探索するということです。より行動範囲が広く動けるのは夢体脱ですね。







    人気ブログランキングへ