「霊的垢」を知覚できない霊能者たち

0

     

     

     

    私が知る限り、霊的垢(れいてきあか)などという変わった概念に

    言及している能力者は、伊勢白山道のリーマンさんしかいません。

     

     

     

    まあ、真実を話す人間がたくさん溢れていたら、この世のテストにならないから仕方がない。

     

     

     

    でも、太陽霊光による炙り出しを経験すると、

    霊的垢としか言いようがないモノが今まで自分の霊体に潜んでいたのだとわかります。

    https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/aa0f02342ee13f9f154f4428c1bc8821

     

    「大きな電子レンジの部屋の中に、薄い鉄板を体に巻き付けた
    人間が入るとします。体内にも鉄棒が埋め込まれていると仮定してください。
    そして、スイッチが入ればどうなるでしょうか?
    強力な電磁波ならば、体内から大火傷になるでしょう。」

     

     

    ・・とありますが、本当に彼の仰る通り。

     

    まるで今の私は、自分の霊体が電子レンジの中に入れられているような感じですよ。

    表面化した霊的垢に反応して、霊体のあちこちが沸騰したようにブクブクしてるし、

    お腹を中心に体内から焼かれるようで、体がヒリヒリします。

     

     

     

    この霊的垢というのは、霊体というパイプに詰まった垢や汚れ

    ヌメリのドロドロみたいな感じのものなんですね。

    当然、霊体次元の話しなので、病院に行って治るものではありません。

     

     

    例えるなら、他人のヒーリングという菌が混入して、

    牛乳が腐ってヨーグルトのカスになった・・・というようなイメージ。

     

     

    パイプにゴミや垢が溜まっていたら、本来流れるはずの生命エネルギーが流れないでしょう?

    だから、垢のこびりついた箇所にはエネルギー不足で力が入らなくなるし、

    生命エネルギーが流れていないと、体の細胞の老化が進みます。

     

     

    この垢を知覚できない有料の霊能者やヒーラーたちは、せっせと

    病気で悩む人から金を巻き上げた挙句、自分の霊的垢を付着させて、多くの人の健康や寿命を

    奪っているのですが、生きているうちに気づけない人たちばかりです。

     

     

    私ね、今までリーマンさんが、「有料先生たちは地獄逝き」って言っていたのを読んで、

    いくらなんでも流石にそこまでは厳しすぎるでしょ!って思っていたんです。

    だって、殺人や、陰惨な暴力行為ならともかくねぇ、、、

     

     

     

    ヒーリングが詐欺や傷害に該当すると考えても、

    来世で自分がやった同じ数だけ引っかかればいいだけの話じゃないですか。

     

     

     

    でも、ヒーリングや霊的伝授を「受けたほう」の私が、こんな目に合ったことで、

    霊的なモノの取り扱いに対する、この世の仕組みの厳しさを思い知りました。

     

     

     

    リーマンさんも言う通り、なぜ型の違う血液を輸血すると生命の危険が及ぶのか

    それを深く考えたところで、そういう仕組みだからとしか言えません。

    そして肉体同様、霊体という体においても、他人の気は取り入れては駄目なんです。

    単に、そういう仕組みなのです。

     

     

     

    正直言って、未だに私自身も納得しきれていませんけどね。

    ヒーリングや霊的伝授を受けるって、そこまで罪か??って。

     

     

     

     

    ただ、一つ言えることは、ダスカロスのようなヒーラーが存在して、

    有効だった時代はもう完全に終わったってことです。

     

     

     


     

     

     

     

     

     

     

     

     



    お薦め記事

    最新の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    検索

    その他

    モバイル

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM