あの世の次元の高さは「色」でわかる

0

     

     

     

    一部では、非物質世界を知覚できる人たちが、高次元世界へいってワンネス体験をしたとか

    ○○神界に行き来しているとか、まー、それはそれは色んな体験談を語っています。

     

     

    私も過去には「日本神界」とされる領域に出入りしていたことがありましたが、

    なんのこっちゃない、そこは幽界次元の中にある神界でした。

     

     

     

    でもね、幽界領域といえども、上の階層と下の階層との世界の間には

    一目でわかる明確な違いがありました。

     


    それは何かというと、死後世界では、高い次元へ行けば行くほど色彩が豊富になっていき、
    低い次元に行けば行くほど色彩が乏しくなっていく・・という法則があったのです。

     

     


    そのため私は、非物質世界に行った際にはその領域の次元の高さを

    波動で判別すると同時に、「色」でも判別していました。
     

     

     

    ****

     

     

     

    よく臨死体験者の中に、「あの世にはこの世には存在しない"色"が沢山あった」

    と証言している人たちがいるのを聞いたことはありませんか?

    これ、昔からよく聞く話でした。

     

     

     

    上に行けばいくほど色が増えるわけだから、

    当然、この世には無い色が沢山存在するのが、高い領域の霊界の特徴なんですね。

    この世には存在しない色を脳が勝手に作り出すことが出来るとは思えません。
    臨死体験が脳内現象ではない根拠の一つなのですが、如何せん、本人以外には証明出来ない。

     

     

    (↓これは、色盲の人が始めて色を見た時の動画なのですが、

    高次の霊界からすると、この世で生きることは色弱の世界なんじゃないかなあ)

    https://youtu.be/IT8_whcieiw

     

     

     

    もしも、ある人が垣間見た霊界が、

    地上には無い色が沢山ある世界だったとしたら、そこはかなりの高次元世界です。

    天界なのか神界なのか、名称はよくわからないけど。

    そしてこの世界は、生きた人間が往来できるような領域じゃありません。

     

     

     

    また、ある人が往来している非物質世界が、地上と変わらない色しかない場合は、

    そこは99パーセントの確率で幽界と思っていいでしょう。

    そう思って疑っていたほうが無難だし安全。

    上位の幽界は、地上の最も美しい場所と同様かそれ以上に美しいですけどね。

     

     

     

    一方、下に行けば行くほど色のトーンが落ちていくので、

    波動の低い低次元に行けば、すぐにわかります。

     

     

     

    低い次元の幽界でよくあるのが、青と白を基調とした色彩の世界です。

    なんていうかな、青系をベースに画像を色調補正したような感じ。

    北野武監督のキタノブルーがもっと極端になったような。

     

     


    これが地獄となると真っ暗闇ということになるんでしょうね。

     

     

     

    ↓ちなみに、へミシンクのフォーカス21の世界の色調が、こんな感じ。

    明るく美しい地上って程度で、、、まあ、幽界ですよ。

    こういう、だだっ広い場所によくヘミシンカーたちがカフェやピラミッドを作っていたっけ。

    幽界

    上位の幽界では、「色の種類」は地上世界と同じです。

     

     

     

    例えば、映画アラジンの実写版に出てくるお城の建築あるじゃないですか。

    あれって物凄〜い幽界っぽいんですよ。自然もね。

    https://www.youtube.com/watch?v=eitDnP0_83k

    人間のクリエイターがつくった地上には存在しない建築・・・みたいな。

    ファイナルファンタジーの建築もね、幽界にありがちな建築物。

     

     

     

    よく、へミシンカーに、

     

    「フォーカス100に出入りしているけど、視界が弱いのでよく見えないのです」

    って人がいるのですが、こーいうのは問題外です。

     

     

    目が見えない状態で海外旅行に行って、現地ガイドがいい人だからと

    騙されてるようなもん。

     

     

     

    まあ、何と言っても、幽界次元がどうかを見分ける最大の特徴は、

    そこに居る存在たちなんですけどね。

     

     

    もう、これが一番確実な見極め方なんじゃないでしょうかね。

     

     

     

    これを語りだすと、厄介なのでまた次の機会に。

     

     

     

     

     



    お薦め記事

    最新の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    検索

    その他

    モバイル

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM