更新しては消して、落ち着かない

0

     

     

    太陽霊光の霊体あぶり出しの話の続きと、異次元世界・死後世界の次元の見分け方の記事を、

    なるべく無難に書いたのですが何度リロードしてもUPできず、

    仕方ないので更に、当たり障りなく書いたものは一度、更新できはしたものの、

    理由あって消しました。うあー、落ち着きなくてすみません。(´・ω・`)

     

    霊体あぶり出しの続きはそのうちUPできるかな。

     

     

    *****

     

     

    魂・転生の仕組みを語るスピリチュアル著名人と、

    死後世界にアクセスする高い能力を持った人物がいたとします。

     

     

    この二人、どちらも話を聞く限り、凄い体験をしているようなのですが

    ある部分では、まるきり相反する主張をしているので、

    どーして、みんな言うことが違うのだろう〜などと思ったことありませんか。

     

     

    このあたりが、宗教・精神世界の胡散臭さであり、混乱する原因なのですが、

    まあ、彼らは嘘をついているわけではなく、きっと

    多少の想像はあっても、本人がそう信じるような体験をしている。

    いや、中には虚言者もいるだろうけど。

     

     

    こういう場合、彼ら自身の直接体験からくる「洗脳」から覚めるのは難しいです。

    洗脳から洗脳へとハシゴする場合もあるし。

     

     

     

    キラッキラ輝いて、波動が高く感じられて、優しさと愛に溢れていて、

    魅力的な姿をした非物質の存在から、アレコレと素晴らしい真理を聞かされたら、そりゃ虜になる。

    でもだから本物(真理)で、高次元の存在と判断できるほど、単純じゃありません。

     

     

    *****

     

     

    私が垣間見た非物質世界は、下位と上位の領域を区別するのに

    そこにいる住人の性質や波動以外にも、一目でわかる明らかな、ある特徴があったのですが、

    この法則は、幽界・霊界・天界・・・と、どこまで上へいっても適用されるようです。

     

     

     

    どういうわけか、この単純明快な特徴の法則に関して、

    精神世界で指摘している人が見当たりません。

    まあ理由はわかっているんですけどね。

     

     

     

    伊勢白山道のリーマン氏は、この特徴を認識しているのかな?と思って

    聞いてみたら、やっぱり同じ考えでした。

    そうでしょうね、彼が本当に神界出身の魂だったら、記憶で知ってるはずだもん。

    いや、神界行ったことないけど。

     

     

     

    ↓ちなみに、リーマン氏による、次元の俯瞰図

    http://pori.starfree.jp/p122.gif

     

     

     

    *なんか更に言いたいことをボヤかした内容になっちゃったなー

     

     

     

     

     

     

     



    お薦め記事

    最新の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    検索

    その他

    モバイル

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM