伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

0

     

     

    太陽霊光による霊体の炙り出しがどんな症状かを説明するのは、気の重いことです。

    「伊勢白山道」のリーマンさんが語る実態を知れば知るほど恐ろしい話だと思うし、

    自分の今までの体験的に、まさしく彼の言う通りだとわかっているから余計に。

     

     

    それでも書かなきゃいけないと思うのは、私のような「有料スピ遊び」をした結果

    どんなことが起きるのか、知って欲しいと思うから。

    有料スピは、悪いほうへ運命が変わるというリーマンさんの主張は本当なのです。

     

     

    でもまー、私のように生きている間に酷い目にあったほうがマシかもしれません。

    理由は、そのうち追々と。

     

     

    ****

     

     

    それはある日、人生の大きな喪失を経験した後にやってきました。

     

     

    黒いタールのような煙がお腹からプスプスプス・・・・・と上昇するヴィジョンを幻視した後、

    硬くて重くてなんとも表現できないエネルギーの塊(かたまり)が、

    お腹から発生し、次第に腹部全体がパンパンに膨れあがって、、、

    その後、そのエネルギーは上昇して体中の霊体に流れていきました。

     

     

    最初はクンダリーニかと思ったけど、絶対にクンダリーニではない。

    クンダリーニの場合は、お腹が膨れあがっても、

    生命エネルギーというか活力がみなぎるのですが、

    (でも後で生命エネルギーを吸われるらしい)

     

     

    これは違う・・・巡った箇所の活力が消えていく感じなのです。

    この重苦しいエネルギー磁気の塊は、ひんやりとした冷気のようで、

    ビリビリと電気的で、まったく心地よくない、、、なんというか、

    霊体に、セメントの混じった冷たい氷水(こおりみず)を流し込んだような感覚です。

    固まる前の「アイスノン」ってわかります?ゼリー状のやつ。

    あのくらいの物質感のものが霊体に流れる感じなんです。

     

     

    シュワシュワシュワ〜と、このエネルギーは霊体を占拠していき、

    時には、まるでメンソールのような空気感で、これが肺に達すると

    ハッカの飴が肺に広がったような感じ。

    実際に、鼻から冷たい冷気が出ますし、口内も冷えてビリビリ痺れる。

     

     

    この状況は、自分の霊体から「異質の磁気」が凝り固まって炙り出ていく・・・

    としか表現できません。

     

     

    とにかく冷たいエネルギーなので、体の芯が冷えるし、

    指先やふくらはぎなど、今までではあり得ないような体の部分に痛みが起きました。

    下半身に流れると、足や太ももがダルく力が入らなくなったり、

    各所に焼けるような変な痛みを感じたりします。

     

     

    この現象が起きる直前まで、私はシャキシャキと健康で快適に動きまわっていたというのに、

    一気に生命エネルギーを奪われたかのようで、

    「老人が動けなくなる」という感じはコレなのか??

    と思うような力の入らなさというか疲労感に襲われました。

    コーヒーカップを持つのも重く、歯磨きの腕に力が入らないぐらいにね。

     

     

    最初はこのエネルギーの不快感に悩まされて

    文字通り一睡も眠れない日々が、何日も続きましたよ。

    一睡も、というのは本当に一睡もで、1分も眠れないということを、生まれて初めて経験しました。

    次の日あたりで疲労感がピークに達して、

    ようやく薄っすら夢を見たりするんですけどね。

     

     

    「のたうちまわる」って言葉がありますが、

    まさしく、ベッドの上で、のたうち回るような状態になるのです。

    このエネルギーが全身を占拠したとき、じっとしていられない。

    なんというかね、、たとえるなら、冷たい炎で霊体を焼かれるような感じ。

     

     

    伊勢白山道の『森羅万象』シリーズの中に

    「新興宗教の教団教祖が、晩年、ヘビのようにのた打ち回ってもがき苦しんでいた」

    という話があるのですが、まあ、想像がつきますよ。

    有料先生でもない、エネルギーをもらった側の私ですら、こんな目にあうのだから。

     

     

     

    私の場合、皮膚などの見た目には現れていないものの、

    快適な体の状態と、普通の人と同じ程度の活力、今まであった「心の幸せ感」が無くなりました。

     

    (といっても、私は心でヒイヒイ言いながらも

    一見普通の人と変わらない感じで行動しているので、他人は

    私がこれほど苦しんでいるとはわからないでしょうけど)

     

     

     

    この霊体の炙り出し現象に比べたら、

    今までの人生の悩みなんて、大したことじゃなかった、ってくらい

    霊体というのは、心に影響を与えるんだなって、思い知りました。

     

     

     

    お金を沢〜山払って、有料先生に霊視されたり、

    ヒーリングや霊的伝授を受けるスピ遊びをした結果がこれです。

     

     

     

    それでも生きているうちに状況を認識できた私はまだ幸せなんですけどね。

     

     

     

     

    伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

    伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



    お薦め記事

    最新の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    検索

    その他

    モバイル

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM