伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

2

 

 

正直言うと、伊勢白山道に関しては肯定・否定のどちらも一切書きたくはありません。書きたくは無いのだけど、スピ遍歴で私と同じような経験をする人が増えて欲しいとも思わないので、書きます。

 

 

 

*****

 

 

(前回のつづき)

 

 

10年前の私が伊勢白山道を信じる気になれなかったことは既に書きました。

 



2010年の某ブログのコメント欄の過去ログを見ると、
伊勢白山道について懐疑的な意見の自分の書き込みが残っていたし。

(あの頃の私にその後何が起きるのか教えてあげたい)
 

 


当時もしも、森羅万象シリーズを1巻から読んでいたら、

アラ探しをして拒絶するのはやめたと思うんですよね。

 

 

 

読めば、彼の主張する死後世界と霊的真理の仕組みが

おぼろげな私の魂の記憶の断片と一致しているのと、

昔から「真理とはこうあるべきだ」と願ってきたような内容だったから。

 

 

 

スピやへミシンクの死後世界観では、納得できた試しがなく違和感しかなかったもん。

どうも伊勢白山道って、時たまブログで読む程度ではピンとこないのです。

 

 

 

まあ、今更後悔したところで後の祭り。試してみなければ気がすまない性分もあって

私は見事なまでに、リーマン氏が避けるべきと危険視する
余りにも多くのモノと関わり、さんざん、お金を浪費してやってきました。

 

 

 

ヘミシンク、体外離脱、霊能者との個人セッション、霊的ヒーリング、

引き寄せの法則(交換条件が発動するらしい)、霊的エネルギー伝授、

有料スピセミナー、ドクロ形象の所有、クンダリーニの開発、寄り代無しの先祖供養・・・・

 

 

 

自分でもある意味「すげーな」と呆れてしまうのがね、

ドクロ形象の所有ってやつ。

 

 

 

まったく、一体なにをどうしたらそんなモノと縁が持てるというのでしょうか?(呆)

整体院でも経営していない限り、普通、ドクロのものなんか持つことが難しいってのに
某米国人スピ講師のセミナーに参加した際に買ってしまいました。

 

 


当時、クリスタルスカルとかが流行ってたんですよ。

ドクロ型の天然石ね。買った後、すぐ存在を忘れたけど。

 

 

 

*****

 

 

 

ドクロ形象のものは、リーマンさんが「不運を招く」と言っているもので、
(運気低下、事故を呼ぶ、外傷されることを呼ぶ、貧乏神を呼ぶ・・・等)

 

 

 

マイケル・ジャクソンが整形に執着した憑依現象の原因は、骸骨の収集にあったそうなのですね。

この話を私は、くだらねーと笑えない。

 

 

だってドクロ石を所持して以降、
今にして思えば大した問題でもない体の一部に異様に執着し続け、
本来なら絶対やるべきではない治療の失敗をしているし、それから

歯の医療事故にあい仕方なく全体矯正治療を受けて、それも更に失敗して未だに治療中ですからね。

 

 

考えてみたら、受けた経済的損失もハンパ無いのです。

 

 


まあ、経済的に裕福な環境にあったので、今のところ、お金に不自由することなく

人生なんとか持っていますが、ああ、でも不動産売却失敗のダメージはとてつもなかった。。

 

 

 

とにかくドクロ石一つとっても、こんな調子で、スピに関わってきたこの10年に、

伊勢白山道の警告が本当なのだなということを、いちいち思い知らされてきました。

 

 

 

引き寄せの法則の交換条件発動も経験したし、

異世界へのアクセスの有害性もわかったし、

クンダリーニ磁気を上昇させてはいけないのも実感したし・・・

そして何よりも最悪だったのは、霊的ヒーリングと霊的エネルギー伝授。

 

 

 

本来、私が最も守りたかったものは、肉体と同様に霊体なんです。

 

 

 

私、霊体が肉体にどのように影響を及ぼすのかを、よーく知っているのですよ。

 

 

 

そして、これからの時代、霊体の健康さえ守れていたら、
病気だろうと老化だろうと、人生も、運気も、

自分の気持ち次第で、どうとでもなるからです。

 

 

 

 

 

 



お薦め記事

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

検索

その他

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM