伊勢白山道のリーマン氏は無償活動だった件

0

     

     


    勢いあまって消してしまった伊勢白山道の過去記事なのですが、もう一度書きます。

     

     

    どうしてもね、自分の経験した不可解な霊的現象の説明をしている人が、今のところ伊勢白山道のリーマン氏ぐらいしかないので、今後も、関連リンクを貼ると思うのですが、この人の話題を出すと、伊勢白山道の収入面の件に関して誤解している人がいるので一応。

     

     

    *****

     


    私ね、「伊勢白山道」のブログを10年前に読んだ時、
    有料先生に対して「よくぞ言ってくれた!」と同調する一方で、
    どうしても信じる気になれなかった理由が幾つかありました。

     

     


    それは、自然災害に関しての予測が本当であって欲しくなかったことや(起きるのを避けるためらしい)、

    スピの中で危険視しているものが多すぎて理解できなかったこと、

    アンチ意見に影響を受けていたこと、などなどもありますが、

     

     

     

    なによりも、伊勢白山道は結局、本の印税と、ブログの広告収入、アフィリエイト収入で稼ぐ
    新時代のスピ商法なんじゃないか??
    と思っていたことが大きいのですよね。

     


    相談の回答でコメント欄にリーマンさんがベタベタ貼り付ける、
    アフィリエイトリンクを見たら、違和感しかありませんでしたよ。
    相談者から直接のお金は受け取らなくても、稼ぎの面ではそこらの有料先生以上なんじゃないか??って。

     


    だから、本を買ってまで読む気にはなれなかったんですよねぇ。

     

     


    ところが、コメント欄の回答から知ったのですが、
    リーマンさんは昔から一貫して、「伊勢白山道」の活動で生じる
    一切の金銭的利益を放棄しているそうなのです。ゼロです、無報酬。

     


    なんでも、自身の匿名を貫くために、ブログから発生するアフィリエイト収入を
    受け取っているのは、別のブログを登録している人で、
    書籍収入は放棄し、全ては、編集代理人が受け取っているそうです。

    ホラ、収入を得ていると確定申告で本名は漏れるし。

     

    まあ、書いている内容を考えたら危険極まりないので、匿名性を守りたいのは理解できますよ。

     

     

    つまりリーマンさん、利益ゼロの無償の活動をしていたわけです。

    もうね、私はそれ早く言って欲しかったよ。

     

     

    そこをこの10年間、あのブログでは特に強調していなかったし、
    アンチは、伊勢白山道は本を何冊も出して儲けているということで批判していたので
    てっきり私もそうだとばかり思っていたのです。

    (ってか、世の有料スピ教師のことを考えたら、印税なんて丸きり正当な報酬なのですが)

     

     

     

    ↓以下のコメント返答集から、「印税」で検索してみてください。

    「。。。。」以下が過去のリーマン氏の発言ね。

    http://luce-tabi.jp/index.php?

     

    https://isehakupedia.wiki.fc2.com/wiki

     

    ****

     

     

    さて、精神世界では、活動に一切のお金を受け取らないからといって、本物とは限りません。

    無料先生=聖なるもの(本物)、という図式が全く当てはまらなかったことを私は経験上、知っています。

     

     

     

    がしかし、私は昔から霊的な活動を無償で行う人間の言葉には必ず耳を傾ける主義です。

    そんな理由で、ずっとダスカロスが好きだったしさ。

     

     

     

    無神論者になって、精神世界や不思議現象の全てを疑い続けていた頃、

    お金が発生する事象は絶対に信じる気にはなれなかったので、

    本物はこうあるべき〜というのが私の中にあるのですよ。

     

     

    だから、旧ブログの頃から、高額な有料スピ先生にブーブー文句や嫌味を書いていたわけで。

     

     

     

    10年前にそれを知って、伊勢白山道の森羅万象シリーズを一からちゃんと読む気になっていたら、
    自分が体験してきたような恐ろしい目には絶対にあってはいなかったでしょうね。

     

     

     

    それはなぜって、私はこの10年間、

     

     

     

    伊勢白山道が「やってはいけない」と有害・危険視するスピの

    殆ど全てといっていいくらいのモノをやり尽してきたからです。

     

     

     

    まー、前述の流れからすると私の行動は矛盾しまくってますが。

     

     

     

    とにかく、その結果、私の身に起きたことは、、、、

     

     

    長年リーマン氏が主張し続けてきた太陽霊光によって

    霊体があぶり出されたとしか言いようのない不可解な現象でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

    0

       

       

      正直言うと、伊勢白山道に関しては肯定・否定のどちらも一切書きたくはありません。書きたくは無いのだけど、スピ遍歴で私と同じような経験をする人が増えて欲しいとも思わないので、書きます。

       

       

       

      *****

       

       

      (前回のつづき)

       

       

      10年前の私が伊勢白山道を信じる気になれなかったことは既に書きました。

       



      2010年の某ブログのコメント欄の過去ログを見ると、
      伊勢白山道について懐疑的な意見の自分の書き込みが残っていたし。

      (あの頃の私にその後何が起きるのか教えてあげたい)
       

       


      当時もしも、森羅万象シリーズを1巻から読んでいたら、

      アラ探しをして拒絶するのはやめたと思うんですよね。

       

       

       

      読めば、彼の主張する死後世界と霊的真理の仕組みが

      おぼろげな私の魂の記憶の断片と一致しているのと、

      昔から「真理とはこうあるべきだ」と願ってきたような内容だったから。

       

       

       

      スピやへミシンクの死後世界観では、納得できた試しがなく違和感しかなかったもん。

      どうも伊勢白山道って、時たまブログで読む程度ではピンとこないのです。

       

       

       

      まあ、今更後悔したところで後の祭り。試してみなければ気がすまない性分もあって

      私は見事なまでに、リーマン氏が避けるべきと危険視する
      余りにも多くのモノと関わり、さんざん、お金を浪費してやってきました。

       

       

       

      ヘミシンク、体外離脱、霊能者との個人セッション、霊的ヒーリング、

      引き寄せの法則(交換条件が発動するらしい)、霊的エネルギー伝授、

      有料スピセミナー、ドクロ形象の所有、クンダリーニの開発、寄り代無しの先祖供養・・・・

       

       

       

      自分でもある意味「すげーな」と呆れてしまうのがね、

      ドクロ形象の所有ってやつ。

       

       

       

      まったく、一体なにをどうしたらそんなモノと縁が持てるというのでしょうか?(呆)

      整体院でも経営していない限り、普通、ドクロのものなんか持つことが難しいってのに
      某米国人スピ講師のセミナーに参加した際に買ってしまいました。

       

       


      当時、クリスタルスカルとかが流行ってたんですよ。

      ドクロ型の天然石ね。買った後、すぐ存在を忘れたけど。

       

       

       

      *****

       

       

       

      ドクロ形象のものは、リーマンさんが「不運を招く」と言っているもので、
      (運気低下、事故を呼ぶ、外傷されることを呼ぶ、貧乏神を呼ぶ・・・等)

       

       

       

      マイケル・ジャクソンが整形に執着した憑依現象の原因は、骸骨の収集にあったそうなのですね。

      この話を私は、くだらねーと笑えない。

       

       

      だってドクロ石を所持して以降、
      今にして思えば大した問題でもない体の一部に異様に執着し続け、
      本来なら絶対やるべきではない治療の失敗をしているし、それから

      歯の医療事故にあい仕方なく全体矯正治療を受けて、それも更に失敗して未だに治療中ですからね。

       

       

      考えてみたら、受けた経済的損失もハンパ無いのです。

       

       


      まあ、経済的に裕福な環境にあったので、今のところ、お金に不自由することなく

      人生なんとか持っていますが、ああ、でも不動産売却失敗のダメージはとてつもなかった。。

       

       

       

      とにかくドクロ石一つとっても、こんな調子で、スピに関わってきたこの10年に、

      伊勢白山道の警告が本当なのだなということを、いちいち思い知らされてきました。

       

       

       

      引き寄せの法則の交換条件発動も経験したし、

      異世界へのアクセスの有害性もわかったし、

      クンダリーニ磁気を上昇させてはいけないのも実感したし・・・

      そして何よりも最悪だったのは、霊的ヒーリングと霊的エネルギー伝授。

       

       

       

      本来、私が最も守りたかったものは、肉体と同様に霊体なんです。

       

       

       

      私、霊体が肉体にどのように影響を及ぼすのかを、よーく知っているのですよ。

       

       

       

      そして、これからの時代、霊体の健康さえ守れていたら、
      病気だろうと老化だろうと、人生も、運気も、

      自分の気持ち次第で、どうとでもなるからです。

       

       

       

       

       

       


      伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

      0

         

         

         

        (前回からのつづき)

         

         

         

        私は、伊勢白山道が危険だと警告する数あるスピ物件の中でも、最も避けるべきものが
        霊的ヒーリングと霊的エネルギー伝授だと思っています。

        とにかく、これさえなければ・・・って思うものの筆頭なんです。

         

         


        リーマン氏は、霊的ヒーリングや伝授などの他人のエネルギー磁気
        自身に取り入れていない状態の霊体を、オリジナル霊体という言い方をするんですよね。

        私にはその意味する状態がよくわかります。

         

         

         

        あのね、気功などもそうですが、霊的ヒーリングや霊的伝授などを受けることで、

        確かに水面下では自分の霊体に「濁り(ニゴリ)」が出来ているんですよ。

        これ、すぐさま有害だと感知できないところがまた恐ろしいんです。

         

         

         

        そんなものを一切受けなくなって、忘れた頃にドカンとやってくるぐらいだから。

        「そういえばあの時・・・」というサインは出まくってましたけどね。

         

         


        もし、肉体的には既に病気になってしまったけどオリジナル霊体を純粋に保っている状態と、

        まだ肉体的には病気ではないけれど霊体のオリジナル性を壊してしまった状態と・・・

         

         


        どちらかを選べと問われたら、私は前者,鯀びます。

         

         

         

        なぜって、心のあり方や投げかける言葉が、霊体の状態に影響を及ぼし
        それが肉体の治癒に繋がった経験が何度もあるので、霊体さえ健康であれば
        ある程度のものは、どうとでもなるとわかっているから。

         

         

         

         

        まだ霊体のあぶり出しが起きていなかった頃、

        既に、私の霊体の純粋性は無くなっていたのですが、それでも、

        体の特定の場所に感謝の言葉を投げかけると、霊体の波動がみるみるあがるのがわかりました。

         

         

         

        それはもう、面白いぐらいに。言葉より感情のエナジーのほうが反応が早かったな。

        恐怖がよぎった瞬間、(特定の患部に)ザーっと霊体にニゴリのようなエナジーが発生し、

        安心感を持った瞬間、さーっとニゴった霊体がクリアになるような感じ。

         

         

         

        とすると、私がオリジナル霊体を保った状態だったら、

        どれだけ効果があったんだろうと思います。

        肉体的欠損をした場合は無理だろうけど、本当に霊体次第でどうとでもなるに違いない。

         

         

         

        *****

         

         

         

        だから、現在深刻な病気の人でも希望を持ってください。

        これからの時代、霊体次第では、工藤房美さんのようなことがいくらでも起きるはずだから。

        スピなどに関わらないで、工藤さんのように自分の遺伝子を信じて感謝したほうがいい。

         

         

         

        この記事で書いたことがありますが、私にとって霊体というのは、

        肉体という物質同様に、リアルに存在するものなんです。

        まあ、誰にでも存在しているけど、みんな感知していないだけで。

         

         

         

        そんな自分にとってリアルで大切な霊体を、

        まさか有料のヒーリングや霊的伝授によって汚染させていたなんて思いませんでした。

         

         

         

         

        そもそも、私自身の狂っていたところというか、自業自得なところはですね、

         

         

        もともとヒーラーやスピ教師たちに対して、

         

        「悩む人たちから、霊的な能力を使ってお金を取ることは自分なら絶対に出来ないな。

        ハナから被災者や貧乏な人は相手にしていないし、どうして良心が痛まないんだろう??」

         

         

        などと思っていたにも関わらず、有料スピにお金を払っていたことです。

         

         

         

        自分がおかしいと思っている行為をしている人たちの

        エネルギーを自分自身に取り込んでいたわけですからね、、、矛盾も甚だしい。

        しかも、何か「効果」を感じた試しなどなく、「毒にも薬にもならない」と思っていました。

         

         

         

        といっても、何度かヒーリングや霊的伝授を受けたところで

        誰でも私と同じような体験をするとは思いませんよ。

        受けた程度や、その人の生き方にもよるだろうし、

        私の場合は、ここには書けない事情もあることだし。

         

         

         

        まあ何にしても、他人の磁気を注入する行為(気功、ヒーリング、霊的伝授等)さえ

        無かったら、、、と思うほど、霊体があぶり出された後の

        他人磁気エネルギーの感覚は、体験しないとわからないものがあります。

         

         

         

        というか・・・・霊体の状態は一切感知しないまま、

        一気に肉体の病気になる人のほうが多いかもしれません。

         

         

         

        追記:

        ーーーーーーーーーーーーーーーーー

        太陽霊光の霊体あぶり出しの話の続きと

        異次元世界・死後世界の次元の見分け方の記事を(なるべく無難に)書いたら

        何度リロードしてもUPできないので、うーん、どうしよう。

         

        せっかく沢山書いたのに。

         

         

         

         

         


        更新しては消して、落ち着かない

        0

           

           

          太陽霊光の霊体あぶり出しの話の続きと、異次元世界・死後世界の次元の見分け方の記事を、

          なるべく無難に書いたのですが何度リロードしてもUPできず、

          仕方ないので更に、当たり障りなく書いたものは一度、更新できはしたものの、

          理由あって消しました。うあー、落ち着きなくてすみません。(´・ω・`)

           

          霊体あぶり出しの続きはそのうちUPできるかな。

           

           

          *****

           

           

          魂・転生の仕組みを語るスピリチュアル著名人と、

          死後世界にアクセスする高い能力を持った人物がいたとします。

           

           

          この二人、どちらも話を聞く限り、凄い体験をしているようなのですが

          ある部分では、まるきり相反する主張をしているので、

          どーして、みんな言うことが違うのだろう〜などと思ったことありませんか。

           

           

          このあたりが、宗教・精神世界の胡散臭さであり、混乱する原因なのですが、

          まあ、彼らは嘘をついているわけではなく、きっと

          多少の想像はあっても、本人がそう信じるような体験をしている。

          いや、中には虚言者もいるだろうけど。

           

           

          こういう場合、彼ら自身の直接体験からくる「洗脳」から覚めるのは難しいです。

          洗脳から洗脳へとハシゴする場合もあるし。

           

           

           

          キラッキラ輝いて、波動が高く感じられて、優しさと愛に溢れていて、

          魅力的な姿をした非物質の存在から、アレコレと素晴らしい真理を聞かされたら、そりゃ虜になる。

          でもだから本物(真理)で、高次元の存在と判断できるほど、単純じゃありません。

           

           

          *****

           

           

          私が垣間見た非物質世界は、下位と上位の領域を区別するのに

          そこにいる住人の性質や波動以外にも、一目でわかる明らかな、ある特徴があったのですが、

          この法則は、幽界・霊界・天界・・・と、どこまで上へいっても適用されるようです。

           

           

           

          どういうわけか、この単純明快な特徴の法則に関して、

          精神世界で指摘している人が見当たりません。

          まあ理由はわかっているんですけどね。

           

           

           

          伊勢白山道のリーマン氏は、この特徴を認識しているのかな?と思って

          聞いてみたら、やっぱり同じ考えでした。

          そうでしょうね、彼が本当に神界出身の魂だったら、記憶で知ってるはずだもん。

          いや、神界行ったことないけど。

           

           

           

          ↓ちなみに、リーマン氏による、次元の俯瞰図

          http://pori.starfree.jp/p122.gif

           

           

           

          *なんか更に言いたいことをボヤかした内容になっちゃったなー

           

           

           

           

           

           

           


          ヒーリングに関わると飛んでくる「虫」

          0

             

             

             

            15年くらい前に、ネット上で一緒に非物質世界を共同探索していた人(Rさんとする)がいました。

             

             

            まあ、非物質世界と言っても、人が意識的に自由にアクセスできる時点で、

            そこは物質世界に近い領域に過ぎないのですけど。

             

             

            そのRさんが、よく言っていたことがあるんですよ。

             

             

            「他人のオーラやチャクラを調整したり、ヒーリングをすると虫のような気持ちの悪いモノが

            ビュンビュン飛んでくるので、私は絶対出来ない」・・・・・って。

             

             

            その当時の私は、非物質世界の体験が妄想かどうかを見極めている段階だったので、

            特に何も思わなかったのですが、今にして思えば、Rさんはあの頃、かなり正しく、

            エネルギーの世界で起きていることを感知できていたのがわかります。

             

             

             

            ヒーリングをする側には、虫のような穢れたエネルギーがブンブン飛んで付着するようですが、

            受けるほうも、自分とは異質の有害エネルギーを、

            お金を払って霊体に取り込んでいるのが実態なんです。

             

             

             

            ****

             

             

             

            この仕組みを本人が気づかなくても潜在意識は知っているようで、

            私の場合は、有料ヒーリングや霊的伝授等の

            エネルギーワークを受けるようになって以降、「虫」の悪夢に悩まされるようになりました。

             

             

            もう、自分の体に、見たこともないような気味の悪いグロテスクな虫が

            体中にウジャウジャと張り付いていて、ギャーーーーッ!!!となって目覚める・・・という夢を

            何十回も繰り返し見るようになっていました。

             

             

             

            別に私は虫恐怖症とか、虫に対するトラウマなんて特に無いのに。

             

             

             

            「太陽霊光のあぶり出し」が霊体におきた時、

            まさしく伊勢白山道が10年前から警告していた現象そのものだったので、

            夜中に何度も一人で、「嘘でしょう!?」って呟いてましたよ。本当に驚いた。

            (注:上記のリンク先にはあまり詳しく書かれていない)

             

             

             

            それが具体的にはどんなものなのかは、次回詳しく書きますが、

            まー、とにかく過去に受けたヒーリング等の異質の霊的磁気が

            霊体からシュワシュワとあぶり出されていく・・・としか言い様が無いの。

             

             

             

            でも、どうやら私のように、霊体の状態を知覚するタイプのほうが珍しいみたいです。

             

             

             

            殆どの人たちは、霊体の異常を感じることもなく、

            「肉体上の」原因不明の病気だと判断して苦しむようです。

             

             

             

            追記

            ーーーーーーーーーーーーーーー

             

            伊勢白山道のリーマンさんは、こういうヒーリングに関わると付着する穢れた「虫」

            のようなエネルギーのことを霊的垢と表現しています。

             

             

            この霊的垢はスピリチュアルに一切関わっていなくても、

            恨む、妬む、悔む、悩む、絶望する・・・

            等々のネガティブな感情を持つことによっても付着すると

            リーマンさんは言っているのですが、これは確かに本当。

             

             

            私も、ネガティブな感情が沸いた瞬間に、自身の霊体に、ザラっとした重いエネルギーが

            ベットリと付着するのを知覚していたので、

            アレはまさしく霊的垢(あか)と言いたくなります。

             

             

            しかし、霊的ヒーリングや伝授などで、自分の霊体に取り込んだ場合の

            エネルギーの実態は、垢(あか)なんて可愛いものじゃありません。

            後年、異物反応を起こす時限爆弾的なものです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

            0

               

               

              太陽霊光による霊体の炙り出しがどんな症状かを説明するのは、気の重いことです。

              「伊勢白山道」のリーマンさんが語る実態を知れば知るほど恐ろしい話だと思うし、

              自分の今までの体験的に、まさしく彼の言う通りだとわかっているから余計に。

               

               

              それでも書かなきゃいけないと思うのは、私のような「有料スピ遊び」をした結果

              どんなことが起きるのか、知って欲しいと思うから。

              有料スピは、悪いほうへ運命が変わるというリーマンさんの主張は本当なのです。

               

               

              でもまー、私のように生きている間に酷い目にあったほうがマシかもしれません。

              理由は、そのうち追々と。

               

               

              ****

               

               

              それはある日、人生の大きな喪失を経験した後にやってきました。

               

               

              黒いタールのような煙がお腹からプスプスプス・・・・・と上昇するヴィジョンを幻視した後、

              硬くて重くてなんとも表現できないエネルギーの塊(かたまり)が、

              お腹から発生し、次第に腹部全体がパンパンに膨れあがっていく、、、

              その後、そのエネルギーは上昇して体中の霊体に流れていきました。

               

               

              最初はクンダリーニかと思ったけど、絶対にクンダリーニではない。

              クンダリーニの場合は、お腹が膨れあがっても、

              生命エネルギーというか活力がみなぎるのですが、

              (でも後で生命エネルギーを吸われるらしい)

               

               

              これは違う・・・巡った箇所の活力が消えていく感じなのです。

              この重苦しいエネルギー磁気の塊は、ひんやりとした冷気のようで、

              ビリビリと電気的で、まったく心地よくない、、、なんというか、

              霊体に、セメントの混じった冷たい氷水(こおりみず)を流し込んだような感覚です。

              固まる前の「アイスノン」ってわかります?ゼリー状のやつ。

              あのくらいの物質感なんです。

               

               

              シュワシュワシュワ〜と、このエネルギーは霊体を占拠していき、

              時には、まるでメンソールのような空気感で、これが肺に達すると

              ハッカの飴が肺に広がったような感じ。

              実際に、鼻から冷たい冷気が出ますし、口内も冷えてビリビリ痺れる。

               

               

              この状況は、自分の霊体から「異質の磁気」が凝り固まって炙り出ていく・・・

              としか表現できません。

               

               

              とにかく冷たいエネルギーなので、体の芯が冷えるし、

              指先やふくらはぎなど、今までではあり得ないような体の部分に痛みが起きました。

              下半身に流れると、足や太ももがダルく力が入らなくなったり、

              各所に焼けるような変な痛みを感じたりするのです。

               

               

              この現象が起きる直前まで、私はシャキシャキと健康で快適に動きまわっていたというのに、

              一気に生命エネルギーを奪われたかのようで、

              「老人が動けなくなる」という感じはコレなのか??

              と思うような力の入らなさというか疲労感に襲われました。

              コーヒーカップを持つのも重く、歯磨きの腕に力が入らないぐらいにね。

               

               

              最初はこのエネルギーの不快感に悩まされて

              文字通り一睡も眠れない日々が、何日も続きましたよ。

              一睡も、というのは本当に一睡もで、1分も眠れないということを、生まれて初めて経験しました。

              次の日あたりで疲労感がピークに達して、

              ようやく薄っすら夢を見たりするんですけどね。

               

               

              「のたうちまわる」って言葉がありますが、

              まさしく、ベッドの上で、のたうち回るような状態になるのです。

              このエネルギーが全身を占拠したとき、じっとしていられない。

              なんというかね、、たとえるなら、冷たい炎で霊体を焼かれるような感じ。

               

               

              伊勢白山道の『森羅万象』シリーズの中に

              「新興宗教の教団教祖が、晩年、ヘビのようにのた打ち回ってもがき苦しんでいた」

              という話があるのですが、まあ、想像がつきますよ。

              有料先生でもない、エネルギーをもらった側の私ですら、こんな目にあうのだから。

               

               

               

              私の場合、皮膚などの見た目には現れていないものの、

              快適な体の状態と、普通の人と同じ程度の活力、今まであった「心の幸せ感」が無くなりました。

               

              (といっても、私は心でヒイヒイ言いながらも

              一見普通の人と変わらない感じで行動しているので、他人は

              私がこれほど苦しんでいるとはわからないでしょうけど)

               

               

               

              この霊体の炙り出し現象に比べたら、

              今までの人生の悩みなんて、大したことじゃなかった、ってくらい

              霊体というのは、心に影響を与えるんだなって、思い知りました。

               

               

               

              お金を沢〜山払って、有料先生に霊視されたり、

              ヒーリングや霊的伝授を受けるスピ遊びをした結果がこれです。

               

               

               

              それでも生きているうちに状況を認識できた私はまだ幸せなんですけどね。

               

               

               

               

              伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

              伊勢白山道〜太陽霊光の霊体あぶり出し事件

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              | 1/1PAGES |

              お薦め記事

              最新の記事

              カテゴリー

              月別アーカイブ

              検索

              その他

              モバイル

              qrcode
              無料ブログ作成サービス JUGEM