ホームレスのおじさんと毛布

0

     

     

     

     

     

    私が学生時代のことです。当時、一人暮らしをしていたマンション近くのコンビニ前に、ある時期、一人のホームレスのおじさんが野宿するようになりました。

     

     

     

    もう老人といってもいい年齢なのに、あたりに雪が残る寒い冬の夜を、毎日、毎日、そのおじさんはダンボール一つで凌いでいました。

     

     

     

    おじさんの前を通るたびに私は、「犯罪者ですら、刑務所でご飯を食べて屋根のある場所で眠れるだろうに、おかしい」と、理不尽に思えて仕方なく、通学途中にちょくちょくと、おじさんにコンビニで買った食べ物とお金をさし入れるようになりました。

     

     

     

    日々の生活の中で、おじさんの寝床を見ると、前日、私がさし入れた食べ物の残骸があったりして、それがなんとなく嬉しかった。でも、あの時期の夜の寒さは、食べ物のおいしさなんて味わえるかどうかもわからないようなものだったから、行為としてはたかが知れてるのですけどね。

     

     

     

     

    それで、あるとても寒い晩に、包まるものも無く横たわるおじさんの前を通り過ぎた時、「毛布を持って行かなければ!!」という気持ちで頭がいっぱいになりました。どう考えても、人間があの寒さの中、外で眠るのは間違ってる。

     

     

     

     

    まあこれ、でっかい毛布を勝手に路上に置き去るわけだから、貰ったところでおじさんが持ち歩けるとも思えないし、正しい行為かどうかは疑問なのですが、その時の自分はとにかく、絶対にそうしなければ!と思ったのです。それで、自分の部屋から毛布を持って戻ってこよう!と決意して急いで帰りました。

     

     

     

     

    でも、そこまで強く思いながら帰ったというのに、部屋に入った途端に気持ちが萎えて、やっぱり明日の夜に、改めて持っていくことにしました。

     

     

     

    なぜかというと、単に、その夜はメチャメチャ寒かったから。

     

     

     

     

    自分がさっさと暖かいお風呂に入って、早く暖かいお布団で眠りたいばっかりに、結局、おじさんに毛布を持って行くのはやめたわけです。夜遅かったのもあったけど。

     

     

     

    ***

     

     

     

    次の日、毛布を渡そうと、おじさんの「寝床」に向かうと・・・・・・

     

     

     

     

    いつものダンボール寝床は、キレイさっぱり、な〜んにも無くなっていて、全てが撤去されていました。さすがの寒さに移動したのか、させられたのか、おじさんの身に何があったのかは、わかりません。でも、あの時からずっと、おじさんが「生きている」イメージがサッパリわかないんだ。

     

     

     

     

    自分でもなぜかわからないけど、あの虚しさというか、ガッカリ感は、心に強く残っています。(おじさんが、もっと良い環境に行けていたならいいんだけど)

     

     

     


    私がよく思うのは、基本的に、常に移動し続けているホームレスの人たちとの出会いは一期一会だということ。もしも無関心に通り過ぎてしまったら、次はもう一生会えないかもしれないということ。ひょっとしたら、その人は暖かい珈琲の一杯も飲めずに、その日の晩に死んでしまう可能性もあるということ。

     

     

     

    だから、その時に自分の出来ることをしておかないと、その人に何かをしてあげられる機会は永遠にやってこないかもしれない。ビックイシューを売っている人たちや、炊き出しの場所など、ある種の定出没地はあるけれど、基本はそうです。

     

     

     

     

    それでまあ、この出来事をきっかけに、その後、私は都内でホームレスの人を見かけたら、誰かと一緒にいたり、急いでいる時を除いては、何もせずに通りすぎることは極力しないようになりました。それは、自分が無神論者であった時も変わることなく。

     

     

     

     

    学生時代の私は、シャネルやプラダのブランドバックの収集が趣味で、自分の好きなブランドの洋服じゃなければ絶対着ないようなクソみたいな価値観の女でした。

     

     

     

     

    ・・・が、今にして思えば、あのおじさんと毛布の思い出は、その後の私の価値観に大きな影響を及ぼし続けています。

     

     

     

     

     

     

    ブログを訪問してくれた皆さんに

    幸運がありますよーに!(−人−)


    人気ブログランキング

     

     

     

     

     


    路上生活者を救済する「もやい」

    0

       

       

      (前回からの続き)

       

       

       

       

      そんなわけで、長いこと、都内のホームレスの人たちに食事やお金をさし入れる行為は続けてきたものの、ある時期から、どうしても、それにも虚しさを感じるようになりました。

       

       

       

      だって自分が彼らの立場だったとしたら、一食や二食のご飯が食べられたところで、そのうちまたお腹は空くし、お金だって1万円貰ったとしても、それで人生が変わるわけでもないし。

       

       

       

      結局、路上生活から脱け出せない限りは、何をしたって彼らの現実はおんなじ。かといって何もしないでいるのもなぁ。。。

       

       

       

      ・・・と、思い続けてきたのですが、そんな私が現在、支援し甲斐のある組織だとありがたく思っているのが、自立生活サポートセンター「もやい」というNPO組織です。

       

       

       

      この団体は、路上生活をしている人たちに、「部屋」「住まい」が取り戻せるよう、アパート入居に際して連帯保証人を引き受けたり、その後の生活のサポート活動を行ってくれています。

       

       

       

      炊き出しや食糧支援のみに終わらず、路上生活からの脱出を手助けしてくれるのです。こういう活動は、日本のホームレス人口が大幅に減少している一助にもなっているのではないでしょうかね。

       

       

       

      私は、クレジットカードから毎月、「もやい」に、一定額が引き落とされる方式の寄付をしているのですが、このブログのアフィリエイト収益が助けになっています、皆さんに感謝です。m(_ _)m  今のところは、寄付額より収益が上回ることにはなってはいませんが、いつかドカンとまとまったお金を大きく寄付できるといいな。(´∀`  *)

       

       

       

      お金の寄付でなくても、古本通販のバリューブックスが、買取価格を「もやい」に寄付してくれるチャリボンという活動を行っているので、もしよければ、バリューブックスに本の買取をチャリボンでお願いしてみてください☆

       

       

       

      本で「もやい」をサポートするチャリボン

      http://www.npomoyai.or.jp/charibon

       

       

       

      追記

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      永遠の工事中かと思われた「おすすめのほん」コーナーが

      ようやく完成しました。(・−・)

      正直、「お薦め」というより、その殆どは

      私が過去に読んで良かったと思っただけの本ではありますが〜。。。

      *ちなみに、これまで読んできた膨大な

      宇宙人系チャネリング本の殆どは、処分しました、ははは。

       

       

       

       

      このブログを訪問してくれた皆さんに

      幸運がありますように☆(−人−)


      人気ブログランキング

       

       

       

       

       

       


      | 1/1PAGES |

      お薦め記事

      最新の記事

      カテゴリー

      月別アーカイブ

      検索

      その他

      モバイル

      qrcode
      無料ブログ作成サービス JUGEM