アニータ・ムアジャーニが語る心と健康

1




前回からの続きです。(-@∀@)


ポジティブ思考を心がけていたアニータさんが癌になった。

アニータさんは、「自分の中の恐れ」が癌を生み出したのだと臨死体験によって理解するのですが、ここが本当に難しいところです。




------------------『喜びから人生を生きる!』から



私は、自分と他人のためにできる最善のことは、意識的に自分をうきうきした気分にさせて、
幸せを感じることだと固く信じていますが、
"プラス思考"という考えにはあまり賛成ではないと言えば、驚くかもしれません。
すべての生命はつながっているので、自分が上機嫌でいれば、全体にも大きな影響があるのは確かです。

でも、もしネガティブな考えが忍び込んできたら、それを批判せずに受け入れて、
ただ通り過ぎるのを待っているほうがいいように思うのです。
感情は抑圧したり追い出そうとしたりすればするほど、押し返してくるでしょう。
そうではなく、何の判断もせずに、
ただ自分の中を流れるのを許していれば、思考や感情は通り過ぎていくのです。

その結果、正しい道が自然に目の前に開かれ、真の自分でいられるようになるでしょう。

「ネガティブな考えが、人生にネガティブなものを引き寄せる」
という大雑把な説は、必ずしも真実ではありません。
この説のせいで、すでに苦しみを経験している人たちが一層ひどい思いをしているのです。
さらに、自分の考え次第で、もっとネガティブな状況を引き寄せるかもしれないという恐怖感も生み出します。
この考え方をやみくもに主張すれば、つらい時期を過ごしている人たちに、
彼ら自らがその出来事を引き寄せたと思わせてしまうでしょう。

それはまったくの偽りです。

もし不愉快な状況を生み出したのが自分のネガティブな思考だと信じれば、
私たちはびくびくするようになるに違いありません。
けれど、そのような状況は、実際は、思考よりもむしろ感情と関係しているのです。

特に、自分自身についてどう感じているかが大切です。
また、ポジティブなものを引きつけるには、単に陽気でいればいいというのは本当ではありません。
これは強調してもしきれないことですが、自分自身についてどう感じているかが、
人生の状況を決める上で一番大切なことなのです。
つまり、自分自身に正直でいることが、ポジティブでいるよりもずっと重要です。

私は、動揺することが起きた場合、自分がネガティブな気持ちになるのを許しています。
なぜなら、本当の感情を封じ込めるよりも、体験するほうがはるかに良いからです。
それは、自分が感じていることと闘うのではなく、受け入れるということです。
判断せずに、許すという行為は、まさに自分への愛の行為です。
自分に優しくするという行為は、楽天的なふりをしているよりも、
喜びに満ちた人生を創造する上で、ずっと役に立つでしょう。

時折、とても陽気で、活気に満ち、優しい人であるにもかかわらず、
人生が崩壊しそうな人を見かけて、こう思うことがあるかもしれません。
「ほら、ポジティブでいるのは役に立たないんだ」と。

でも問題は、人が心の中で何を考えているか、わからないということです。
私たちは、他人が日々自分に何を話しているか、
あるいは幸せを感じているかどうかなど、見当もつきません。
そして、一番重要なことですが、彼らが自分自身を愛し、
重んじているかどうかというのは、わからないのです。




------------------




ところで、私は「この病気の人はこういう性格の人が多い」といった考えには同意できません。


遺伝や体質の問題もあるわけで、その病気の人からしたら本当に無礼な話です。同じような性格や気性の人でも、同じ病気になる人とならない人がいるのだから。そんなね、人間を十把一絡げに分類できるものじゃありません。


そう私が思ってると理解した上で聞いてほしいのですが、以前読んだ新聞に「癌患者の性格的傾向」という研究についての記事が載っていました。それによると、癌患者には「怒りや悲しみを表現せずに自分の中で抑圧する傾向がある」という内容だけは覚えているんです。


「うちのイジワルばーさんが、周囲に毒吐き散らしながら、内臓は丈夫で、しぶとく長生きしてるのはこれか!!(゚Д゚)と思いましたから(笑)


一方、毎日毎日、ばあさんや娘(私)の不平不満や愚痴を聞いて、いつもニコニコ怒ってる姿など見せたこともないうちの母は、肺に腫瘍ができてしまいました。母は全くタバコ吸わないんですよ、タバコを吸う父の傍に長年いただけです。


本当に子供の頃から、母が極端な怒りを現したり、人の悪口を言う姿をほとんど見たことがない。でも、うちの母は霊的なものとか宗教は一切信じていないんですね。時々、かる〜い自己啓発本とかに感銘を受ける程度。


これでどういうわけか、恐ろしくポジティブ思考なんです。


母は長年イジワルな姑(私の祖母)にネチネチといじめられてきたのですが、明るく優しく祖母を世話してきました。祖母の横暴な振る舞いを私が批判すると、それを聞いた母は無理矢理ポジティブ解釈をして祖母をかばう・・・そんな性格の人です。


これまさしく、アニータさんが言うような「とても陽気で、活気で優しい、ポジティブ思考の人」なんですが・・・抑圧された怒りや悲しみが腫瘍の原因だったとしたら?と思うと、なんとも切ないです。


☆☆☆


それからアニータさんは、「自分自身についてどう感じているかが、人生の状況を決める上で一番大切なこと」といいます。


なんかねぇ・・・結局、潜在意識下で自分のことをどう思っているか?自己評価の高い人間であることも重要な気が。(ナルシストのうちの兄貴が病気一つしないのはこれか!(゚Д゚))その上で自分の感情にも時には正直に・・・ってことかもしれない。


特に、他人への憎しみの感情がため込まれていると自分自身にも破壊的な影響を及ぼすと思うのですよね。


前回、「ある人を死ぬほど憎んでいたけど憎しみが消えた」という話したじゃないですか。あれ、うちの兄のことなんですけどね。昔のブログ読み返してたら、「言霊で憎しみが消えた」ぐらいのトンデモ説を闇に提唱してた自分に呆れました。まったくテキトーなことを・・・・


ねえよ!( ノ゚Д゚)です(笑)思い返してみればこの一件は、言霊を唱えたから憎しみが消えたわけではありません。



自分が相手にされてきたことを倍返しに復讐してやったので、気が済んだだけです(笑)


☆☆☆


もー、家庭内でさんざん暴れましたからね。でも、ちっとも後悔してません。だって私、今じゃ兄に対する憎しみなんて微塵もないから。それどころか今では彼を愛してると言えるくらい。


あのね、人間どれだけのことをやれば憎しみが消えるくらい気が済むかっていうと・・・


「お兄ちゃん、かわいそう・・・私にあんなことされて・・(´;ω;`)ウッ」みたいなね、正直やりすぎたなと相手が可哀想になって、その気の毒な姿に愛おしくなって胸がキュンとするくらいに・・・・



痛めつけてやるのがポイントです。(−_−)



「兄貴には酷い目にあってきた・・・けど、私もあーんなことや、こーんなこともしてやった。ははは、お互い様かー( ´∀`)y」という状態ですが、しかしこの方法はリスクが高すぎてオススメできません。


こんな、胸キュンするぐらいに相手を痛めつけたら、確実にその悪影響は反ってきますので(笑)・・・顔腫れたし。下手すりゃ殺人事件ですから真似しちゃいけません。


でも、他人への憎しみを微塵も表に出さずにポジティブ思考で抑えこむ人もいるでしょう。それが、じわりじわりと自分を蝕んでいくとしたら・・・どうなんでしょう?


攻撃的なやり方でしたが、私は自分なりに自分を守ったのだと思っています。私の友人に、家族と完全に縁を断ち切ることで自分を守った人もいます。その表現の仕方は家族が違うんだから人それぞれ。


☆☆☆


アニータさんの高尚な叡智についての話題が、私の家族の話で脱線してしまいました。


でも、『喜びから人生を生きる!』を読んだときにね、なんだか禅問答のように難しくて、最初私には理解できなかったんですよ。「心が体の病気に反映する」のに、「否定的な感情もありのまま」「自分に正直」??


思考のコントロールはどうにかできても、潜在意識下や感情レベルとなると難しい。「一体どーすりゃいいの?」ってなる人もいると思ったので、ちょっとのヒントになればと思ったのです。ならないか(笑)


怒りの放出は短く!すっぱりと!そして尾を引かない・・・!みたいな感じでいけたら、いい気がするんですよ。たぶん。



『喜びから人生を生きる!』は、自分の内面をどのように保ったらよいのかという点で本当に考えさせられる本でした。ぜひ、読んでみてください。






人気ブログランキングへ












 

ジョン・オブ・ゴッドとウェイン・ダイアー

0

     

     

     

     

     

    前回、「自分にはヒーリングは一切効果がなく、必要もなかった」という話をしました。でも、それはあくまで私の場合であって、他の人たちもそうだということが言いたいわけではないのですよね。

     

     

     

    もう何が治癒の"きっかけ"をもたらすかは、本当にその人によるとしか言いようがないから。

     

     


    スピリチュアルなヒーリングを受ける人というのは、医療に失望して、民間療法などの健康法も沢山実践して、できる努力はやり尽して、それでも治らない人が多く、私自身もそうでした。

     

     

     

    こういう人ほど、「心が身体を作る。恐れが病気を作る。人は皆、自分で自分を癒せるんだ!」なんて理屈を頭で理解したからといって、自分の遺伝的問題などを乗り越えて、潜在意識に染みついた思考の癖や恐れを取り去ることは、もの凄ーく難しいことに気づきます。

     

     

     

    せめて不安感だけでも、どーにかならないもんか・・なんて思って、ウマイ話があれば試してみたくなる。

     

     

     

    本来は、自分の心と潜在意識を変えられるのは自分自身しかいないのですが、「○○が、私の心をすっかり変えてしまいました」なんていう話がスピ世界には溢れているので、だったら私もそんなヒーラーに巡り合って体験してみたい〜となったりもする。

     

     

     

    それでもし、受けたヒーリングに効果があったのならば、その選択はその人にとっては正解ということになるのだろうし、そのヒーラーはその人にとっては「本物」だった・・ということになるのだから、それはそれで幸運だし良いんじゃないかと。

     

     

     

    (ただ、伊勢白山道さんが言うようなヒーリングにおける裏の霊的背景が本当にあるのかどうかはわからないけども)

     

     

     

    ****

     

     

     

     

    それでまあ、私がこの手の話で印象に残っているのは、ジョン・オブ・ゴッドのヒーリングによって白血病が癒されたウェイン・ダイアーですよ。

     

     

     

    ウェイン・ダイアーは、ジョンの遠隔ヒーリングを受けて、「まるで何者かが自分の体の中に入って、"恐れ"を取り去ってくれたようだった」という体験をすると、白血病が治癒しただけでなく、愛と至福の気持ちに満たされ、意識が大きく変容してしまったそうなのですね。(この治癒は医学的に確認されたのかが怪しくて、ダイアー基準っぽい)

     

     

     

    彼はヒーリングによって、自身が深い愛でいっぱいになり、誰かに何かを与えたくなって、朝から夕方まで、ホームレスを抱きしめてお金を配り歩いたそうです。

     

     

     

    この話を本で読んだ時、「ふーん、やっぱりジョン・オブ・ゴッドって凄いヒーラーなのか」とだけを思った記憶があるのですが、後から、ダイアーとエイブラハムとの対談を読んだら、ダイアーの主観的体験と、エイブラハムの見解が微妙に違っていました。

     

     

     

    読まないことにはわかりずらいので、次に対談の該当部分を載せます。まあ、決してチャネラーの意見で出来事の真実がわかるわけではないのだけど。

     

     

     

    どうもダイアーの体験談だけを聞くと、「ヒーラーに恐怖心を取り除いてもらって、愛と至福の境地になることもあるんだ?」なーんて思ってしまうのですが〜・・・よく考えてみると、やっぱり、なんてったって、ホラ、、彼はウェイン・ダイアーなんだから。

     

     

     

    ****

     

     

     

    ウェイン・ダイアーは長い間、毎日、せっせと「私は無限の力と繋がっている!!」なんてことを強く思いながら瞑想し、世界中の人々を啓蒙し続けてきたような人。こういう心と意識の積み重ねがある日、何かのきっかけで臨界点を超えて、根源(ソース)と繋がってもおかしくはない。

     

     

     

    だから、ダイアー自身が宇宙に放ってきたエネルギーが実を結び、ヒーリングをきっかけに受け取っただけなのかもしれません。

     

     

     

    そもそもね、彼のように、心と体の繋がりを理解して、健康に気づかい、「良い気分」を実践してきた自己啓発の著名人であっても、白血病になってしまうのが人生の難しさというものです。

     

     

     

    結局、その人の魂が持つ課題の前には、引き寄せも何もあったもんじゃないと私は思っているのですが、それでもやっぱり、心の影響で病気が治り、体が作られていく法則が存在することもまた確かなようなのです。

     

     

     

    「人は皆、自分の思考の積み重ねの責任を取らなければならないのです!」

     

     

     

    ・・これは、反・引き寄せの法則派だった私が向こうの世界の存在からビシっと言い放たれた言葉なのですけどね(自分の体の問題について愚痴愚痴と文句言って暴れた後に)。え?行動だけじゃなくて思考にも責任だって?積み重ねって、思考が預金みたいな貯蓄システムになってんの?と思った。

     

     

     

    まあとにかく、ウェイン・ダイアーは自分が受け取るべきものを受け取っただけ・・だったのかもしれない、うん。

     

     

     

     

    ジョン・オブ・ゴッドとウェイン・ダイアー


    ジョン・オブ・ゴッドとウェイン・ダイアー

    0

       

      (前回からの続き)

       

       

       

      -------------『エイブラハムに聞いた人生と幸福の真理』から

       

       

       

      ウエイン
      お聞きしたいと思っていたことがあります。
      およそ3年前、私は白血病と診断され、当然それからさまざまなことを経験することになりました。

      お聞きしたいのは、ブラジルのアバディアニアに住む今世紀最大と言われるヒーラーで、
      「ジョン・オブ・ゴッド」と呼ばれる男性がいるのですが、彼のような実在の人物が、
      他者の肉体に入り込むということがあるのでしょうか?
      私は、ジョン・オブ・ゴッドのおかげで、驚くべき体験をしたのです。

       

       

      エイブラハム
      それは、彼の波動がイエス・キリストのように「祝福」に満ちているからだ。
      そして、治癒するかもしれないというあなたの期待で彼の波動が妨げられることがなく、
      その体験を受け入れたからだ。

       

       

      ウエイン
      私はジョン・オブ・ゴッドとの体験後、血液検査などのために病院に行かなくとも、
      自分の感覚にまかせ、自分で自分は元気だと感じています。
      そして、さまざまな変化が以後、今に至るまでにもありました。
      この40年余りの間に、四千万人もの人を癒してきた彼から私が癒しを受けてから最も変化したことが、
      物事がまったく違って見え始めたことでした。
      マウイ島では私は子ども二人と一緒に住んでいるのですが、治療後に、
      私が歩いて自室から出てみると、そこで自分が目にした子どもたちが、
      以前とはまったく違って見えたのです。子どもたちはまったく純粋で・・・

       

       

      エイブラハム
      それはあなたが、ソースの目を通して子どもたちを見たからだ。

       

       

      ウエイン
      純粋な愛。そう、まったくその通りで、私は思わず泣きだしてしまいました。
      娘に腕を回して、なんと君は美しいのだと伝えました。
      息子も、抱きしめていました。
      海に目を移すと、私にはまるで愛の海のように見え、ヤシの木を見ると・・・。

       

       

      エイブラハム
      あなたはソースとの調和に影響されたのだ。

       

       

      ウエイン
      そうです。それはとても強烈な経験でした。
      それから数週間後、私の71歳の誕生日がやってきた朝、目を覚ましました。
      目を覚ました私は、とにかく誰かに何かを与えたくなったのです。
      それまで、そんな気持ちで自分の誕生日を迎えたことはありませんでしたから、決して忘れられない日です。

       

      私は階段を降りて、数千ドル分の50ドル札を手にすると、ユニオン・スクエアへと出向き、
      朝の7時から夕方5時までホームレスの人たちをただ抱きしめて回りました。
      ペットボトルを集める小柄な女性や、何日もお風呂に入っていない人などを抱きしめて回ったのです。
      私には至福の気持ちがあふれていました。とにかく純粋な愛です。
      私には「与えること」しか頭に浮かばず、ただ何かを誰かに与え、誰かの役に立ちたいと思ったのです。
      その時の自分の気持ちに衝撃を受けたので、自分のシャツの上に「愛(LOVE)」

      という文字を入れたシャツを今日も着ています。(中略)

       

      もし、あなたは白血病です、などという診断を医師に告げられたなら、

      その言葉には大きな恐怖が伴うのが普通です。
      死ぬこと自体はさほど怖くなくとも、ただ、「ガン」という言葉への恐怖が沸き上がるのです。
      白血病は、血液のガンと言われていますから。

      私にはアニータ・ムアジャーニという親友がいますが、
      彼女は自分の臨死体験を綴った『喜びから人生を生きる!』という本の著者でもあります。
      彼女は自分のガンの病状がどれほど深刻だったか、
      そしてそこからどうやって生還したのかを語ってくれました。彼女は言います。
      「すべては恐怖から生まれるのです。すべては恐怖の産物です」

       

      私のジョン・オブ・ゴッドとの体験では、まるで誰かが肉体に入り込んで、
      恐怖をすべて取り去ってくれたように感じられました。
      白血病に関わる恐怖をすべて取り去り、代わりに愛をもたらしてくれたのです。

       

       

      エイブラハム
      私たちの見解は若干違う。
      ジョン・オブ・ゴッドが恐怖を取り去ってくれたという部分は間違っているが、
      愛をもたらしてくれたことについては正しい。
      あなたは、健全な波動に満たされて、回復をみたのだ。
      (中略)
      もし、あなたがすべて満たされた人生で、楽しく意義ある体験を満喫しているのなら、
      自分が望むものと対極にあるものを体験しながら変化し続けることもなければ、新たな意図も生まれない。
      ソースは、あなたが望むものがどんなことでも、変化するプロセスを常に手助けしている。
      すべてはあなたの選択次第なのだ。
      けれども、人は病気というと、自分にはおよそ選択肢がないと思い込む。だから恐怖を感じる。

      あなたが恐怖を感じるのは、自分の状況に対してソースが見ているのとは反対の方向を見つめているからだ。
      恐怖とは、あなたがソースと異なる意見を持った時に感じるものでしかない。

       

      そこで、ジョン・オブ・ゴッドがあなたに何をしてくれたのだろうか?
      自分に強力なエネルギーの流れをもたらすのに、
      あなたを含め誰もがそのエネルギーの流れに直接アクセスできるのだから、
      他人を経由する必要などない。
      けれども、ジョン・オブ・ゴッドがあなたに意識を集中したことで起こったのは、
      あなたが自分で自分の望みに集中できたことだった。
      つまり、彼があなたの中の調和のとれていない波動を抑えてくれたおかげで、
      あなたが自分の調和の波動を受け入れる手助けになったのだ。

       

       

      ウエイン
      今の部分をもう一度繰り返していただけませんか?
      それは素晴らしいことです!

       

       

      エイブラハム
      あなたがジョン・オブ・ゴッドに意識を集中できたから、
      いつでもどこにでもあるエネルギーを受け取る方法を自分で見つけ出せたのだ。
      ジョン・オブ・ゴッドがエネルギーを受け取って、あなたに与えたのではない。
      あなたが癒しのエネルギーを受け入れるのに、他人は必要ないのだ。
      誰もがそのエネルギーを手に入れられる。
      ジョン・オブ・ゴッドはただ、あなたが自分でエネルギーを受け取れると思えるように手助けしてくれただけだ。
      あなたが彼の噂や彼について知っていたことで、
      あなたの恐怖がぬぐい去られるぐらいの期待がふくらんだのだ。
      そして、あなたが彼に意識を集中させている間に恐怖がなくなり、癒しが起こったのだ。

       

       

      ウエイン
      彼の癒しには、大きな愛がありました。

       

       

      エイブラハム
      ソースとの調和と明晰さ。
      明晰さという表現が、調和している状態には最もふさわしい。
      明晰さ、知恵、疑いがない状態・・・・だろう?

       

       

      ウエイン
      そうです。そして、今ならはっきりとわかります。
      あの時の経験は、私の人生にしっかりと刻まれました。

       

       

       

       

      -------------

       

       

       

      というわけなんですよ。「あなたが癒しのエネルギーを受け入れるのに、他人は必要ないのだ。誰もがそのエネルギーを手に入れられる」ってさ、エイブラハムめ、まったく簡単に言いやがりますが、きっと、その通りなのでしょう。

       

       

       

      なんにしても、ウェイン・ダイアーの癒しはウェイン・ダイアー独自のもの。人はそれぞれ特有の癒しの道があるのだから、自分にとって最善の方法(医療、代替療法、健康法...etc)を最短で見つけるには、自分の内側の神を信頼するのが一番です。

       

       

       

      そんなわけで、今後は人が自分で自分を癒すために、少しでも有益なお話をご紹介できるブログになれたらと思います。どうぞ、よろしく〜(´∀`*)

       

       

       

       

       

      ----------------------------

      RIPウェイン・ダイアー(−人−)

      結局、心臓麻痺で亡くなってしまった。

      あのいかにも昔の自己啓発本ぽい匂いの、ダイアー本が読めないのは寂しい。

       

      ジョン・オブ・ゴッドに関する否定的な英字記事を読んで思ったのは、

      やっぱり、ヒーラーとして評判に傷の無い存在でいるには、

      ダスカロスのように生前中は無名で通さないと絶対に無理なのかも。

      もう観光地化しちゃだめ。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      失った指を再生させた魔法の粉

      1

       

       

       

       

      そ−だ。奇跡的で面白い治癒の話が好きな私としては、これを語らないわけにはいきません。

       

       

       

      ちょっと古い話ですが、人指し指を第一関節から切断してしまったアメリカ人男性が、ある新薬を指の傷口に塗ったところ、4週間後には失った指が完全に再生したという有名な話です。これ、聞いただけじゃあ、信じられないですよね?

       

       

       

      ご存じない方は、まずは動画でご覧ください。

       

       

       

       

       

       

       

       

      リー・スピーバックさんが塗った「粉」とは、米国Acell社のもので、開発者はスティーブン・バディラック博士だそうです。私はこの話を、細井睦敬氏というお医者さんの本『再生医療を変革する珪素の力』で知りました。

       

       

       

      細井先生は、著書の中でこの件について紹介しながら、体内の幹細胞ともいえる内的IPS細胞の存在と、その再生メカニズムの考察に加えて、失った指が完全に再生するには、人間にはアストラル体のようなものがあり、アストラル体が欠損した人体の構造的な再生を誘導するとでも考えない限り、合理的な説明は永遠に不可能ではないか??という仮説を述べられています。

       

       

       

      ハイ、そーなんすよ、細井先生。(・ω・)非常に立派なお医者さんでありながらも、勇気あるそのオカルト的解釈が素晴らしい。

       

       

       

      だって、例のAsell社の新薬ってね、主成分の90%がコラーゲンで出来た代物なんですと。それから豚の膀胱から採取した成長因子たんぱく質、これらが患者自身の幹細胞に触れると指定領域に侵入し、再生・修復活動を呼びかけるのだそうですが、一体、何をどう呼びかけるのかは不明です。説明されても、理解できないだろうけど。

       

       

       

      この薬が、極めて特出した細胞組織を再生させる力があるのは間違いなさそうですが、傷口に塗ったぐらいで、切断された指が爪まで再生したことを、医学的な見地から完全に説明するには無理があるんじゃないでしょうか?

       

       

       

       

      http://biz-journal.jp/2017/11/post_21262.html

      ちなみに、上記の記事には、

       

       

       

      「この粉末は四肢の再生をも可能にする驚異の物質だとして、世界中のメディアが飛びつき、大々的に報じた。そのため、記憶にある読者も多いのではないだろうか。一方で、その直後、深く切り落とされたとしても、指先は自然に再生治癒することは珍しくないとして、インチキだという認識も広まった」

       

       

       

      とあるのですが、、、すまん、指先って深く切り落とされても、自然に再生することがよくあるんだ??(・∀・;) 

       

       

       

      うーん、そんな話、初めて聞いたよ。なんか、そっちのほうが「魔法の粉」よりミラクルな話で信じがたいわ(笑)

       

       

       

      とにかくですね、これは私の考えなのですが、仮に、指を切断して10年経過してから、例の薬を患部に塗っていたならば、たぶん、指は再生しなかっただろうと思います。なぜかというと、それだけ時間が経過してしまうと、指のエーテル体、アストラル体も、肉体に合わせて消失するだろうから。

       

       

       

      リー・スピーバックさんの場合は、まだアストラル・エーテル次元の肉体が、指を失う前と変わらない状態の段階で、肉体次元において、極めて最善の治療効果のある対処をしたからこそ再生が可能になったのではないでしょうか。(まあ、この話が本当だったらばの話)

       

       

       

      ****

       

       

       

      例えば、もう一つの驚異的な治癒例として、顔面大火傷を負った杉村さとりさんという女性が、たった3週間で跡を残さずにキレイに肌を完治させた話があります。ちょっとこの方は、凄いよ。

       

       

       

       

         

       

       

       

       

      ↑これが、Before→Afterなのですが、彼女も、火傷を負った直後に、酵素を取りながらのファスティング(断食療法)、LED治療などと、肉体次元の対処法としては最善のことを行っているんですね。左の写真は「治してみせる!」と決意して撮ったそうで、いやー、すごいよ。杉村さんを心底尊敬。私だったら、ひたすら寝込んでるわ。

       

       

       

      でもこれも、やっぱり、アストラル・エーテル体が損傷を負っていない段階で、肉体次元で最も有効な対処をしたからこそ、可能なことだと思うのです。もしも、火傷跡が残り10年、20年と経過すると、エネルギー体にも反映され、治癒が難しくなるのではないでしょうか。

       

       

       

      人間が持つ不可視のエネルギー体(霊体)は、肉体とまるで綱引きをしあうように相互に影響を与えあっています。エネルギー体か、もしくは肉体のどちらかが、何らかの理由で正常であれば、もう一方も正常に誘導され、どちらかが損傷・病気などになると、もう一方も従っていく。

       

       

       

      だから、エネルギー体と肉体の両方が、損傷、病気に犯されている場合は、有効な治療をしてもなかなか難しい・・・ということになってしまうのです。(*大抵、病気の場合は、肉体に現れる前にまず先にエネルギー体に現れる)といっても、こんなパターンは多くて、別に悲観することはありません。

       

       

       

      このブログで取り上げられている、心の力で肉体を治癒させた人たちというのは、要するに、ポジティブな思考・感情によってエネルギー体を健康な状態に変容させた人たちなのだから。

       

       

       

      ****

       

       

       

      そこで、もっと意図的に自分のエネルギー体の形状を変容させた人って誰かいたっけ・・・・と考えたら、旧ブログで紹介したことのある、あの人を思いつきました。

       

       

       

      というわけで次回は、イメージングの力で顔のシワやタルミを消し、若返った女性の話をしようと思います。それでは!

       

       

       

       

       

      --------------------------------------------------------

      人面ヤマアラシ事件では、私のエーテル体が傷ついてから

      身体に反映されるまでの時間がやけに短かったのは何故なんだろう。

       

       

       

       

       

       

       


      人気ブログランキング

       

       

       

       


      若返りの周波数とエーテル体

      1

       

       

      ブログランキングのうちのアイコンがなぜか、ドクターメディオン社の若返り女性写真になってしまって、いくらいつものアイコンに更新しても、変更できない怪奇現象。。。どーしたらいいんだ。とりあえず、あれは私の顔ではありません。(・∀・;)

       

       

       

       

      (一応、前回からの続き)

       

       

       

      イボンヌ・マーティンというアメリカ人女性がいましてね(会ったことないけど)、イボンヌは、ピンク色の空気を顔面から吸い込むイメージをし、同時に理想の素肌を思い描くことによって、顔のシワやたるみを全て無くし、見た目を20歳以上若返らせたというのです。

       

       

       

      この話が本当だとすると、要するに、彼女はピンク色の周波数に同調しながら、エーテル体を変容させたことになります。

       

       

       

      方法としては、「〜以にピンク色の雲のようなものを想像し、改善したい患部にピンク色を取り込むように息を吸う。吸いきって息を止めている間、改善された肌の状態を思い描く」というもので、これ、どうしてもピンク色のほうにフォーカスされがちですが、理想の肌の状態をちゃんとイメージしていることが重要なんじゃないでしょうか。

       

       

       

      だって単にピンク色のエナジーを吸っているだけじゃあ、エーテル体が変化しないから。エーテル体を一方的に変化させるには、日々、日常的に思い描きつつ、理想の状態になった「身体感覚」を感じられないとダメなのです。

       

       

       

      こんなオカルト的な方法だけで、顔のシワやたるみを消した人なんて、イボンヌ・マーティンとその生徒ぐらいだと思いますが、よくよく考えると、このピンク・ブリージングは、若返りの方法としては、意外と理にかなっていることに気づきました。

       

       

       

      ****

       

       

       

      というのは・・・ええっと、コラーゲンマシンってご存知でしょうか?肌にピンク色の可視光線を照射することで、真皮層の繊維芽細胞を活性化させコラーゲンの生成を促すとされているマシン。この理屈が本当かどうかは別として、とにかく皮膚細胞を活性化させるものなのです。

       

       

       

      一時期、私はこのコラーゲンマシンに夢中で熱心にサロンに通っていました。確かに、これに入ると全身お肌がツルツルになるのですよ。

       

       

       

      可視光線療法の色には青、黄色、白などの種類がありますが、コラーゲンマシンの光線がピンク色というのは、ちょっと面白い。つまり物理的な次元においても、ピンク色はそれなりに有効なわけで、イボンヌは、エーテル次元でピンク色の周波数を取り込んだとも考えられます。

       

       

       

      それから、ピンクブリージングでは、当然深く息を吸います。

       

       

       

      呼吸法って、どうしても「そんなもんで・・」と軽視しがちなのですが、酸素を取り込んだ量(呼吸法)が若さと健康に与える影響を、私は塩谷信男先生の本『大健康力―60兆個の細胞が、いっせいに息を吹き返した!』で確信したので、こいつはバカにできません。

       

       

       

      お塩先生は、80代半ばで患った、前立腺誇大症と白内症を、手術することなく、呼吸法とイメージだけで完治させた人なんですよ。まったく医者だってのに凄いじーさんだよ。しかし、お塩先生は医者だからこそ、イメージのあり方も医学的に正確だったようで、呼吸の力に加えて、信念と想像力でエーテル体を変容させたと思われます。

       

       

       

      ****

       

       

       

      健康だけでなく、肌の若返りには酸素が物凄く重要なようです。なんか酸素っていうと、どうしても活性酸素とかフリーラジカル化するなんて思ってしまうのですが、コラーゲン生成には充分な酸素が必要であるために、私が通っていたコラーゲンマシンのサロンでは、酸素カプセルとコラーゲンマシンの併用を薦めていました。

       

       

       

      確かに、肌の若さを保つ上で充分な酸素が必須であることは、肌に酸素を供給させる炭酸ガスパックの効果を考えても納得できるのです。この仕組みをよく理解したい方には、日置正人著『あらゆる肌トラブルが解決する炭酸美肌術』という本がお薦め。

       

       

       

      もう、炭酸ガスパックのドクターメディオン社の公式サイトに載っていた女性の若返りっぷりが凄いんだな。(↓画像は以下のリンク先)

       

       

      http://taisya.net/product/aesthetic/mediplorer.html

      あの女性の画像が、なぜかブログランキングのうちアイコンになってしまうので削除しました(・∀・;)

       

       

       

       

       

      健康食品や美容商品のBefore→After写真って、殆どが信用できないのですが、この人は、日置氏の本で紹介された女性と同一人物のようだから、やけにリアリティがある。炭酸ガスパックは他社製品でも、使っている人の面白い若返り画像があるので、画像検索してみてください。

       

       

       

      まあ、とにかく私が言いたいのは肌におけるピンク色の可視光線と酸素供給の有効性なのです。

       

       

       

      これらを考えると、ピンク色の深い呼吸を繰り返し、理想の素肌をイメージングする、イボンヌ・マーティンの方法は、それなりに合理的なのかなと思いました。

       

       

       

      ・・・が、しかし、現代においては、何もそんなオカルト的方法を使わなくても、コラーゲンを生成させ、お肌の若さを保つために効果的な方法って沢山あるわけですよ。

       

       

       

      コラーゲンマシンや炭酸ガスパックだけでなく、繊維芽細胞注入、グリーンピールなどなど、肉体次元で自分に会った有効なことをしたほうが、エーテル体が勝手に変化します。信じてイメージできる力も現実的な行動を取ってこそ。あ、でも肌に異物を注入してごまかすような美容整形はダメですよ、あれは細胞の若返りとは言わない。

       

       

       

      まあ、そうは言っても、肉体次元での有効な手段が必ずしも、皆に効果をもたらすわけではないですよね。その人の遺伝的体質や代謝機能、腸の状態なども大きく関係してきますが、心の力、つまりエーテルの次元で、効果が妨害されることもあるだろうから、やっぱり潜在意識の影響はあなどれません。

       

       

       

       

       

       

      ------------------------------------------------------

      可視光線療法では、私は自宅でバイオプトロン・プロワンを使用。

      確かに、毎回、お肌ツルツルになるけど、

      コラーゲンマシンにしておけば良かったなあ。

       

       

       

       

       


      人気ブログランキング

       

       

       

       

       

       

       

       


      歯の金属が身体にもたらす有害性

      0

         

         

         

        ネットで調べただけでも、歯に埋め込まれたアマルガムや、金属の有害性について力説する歯科医は増えてきたようなのですが、世間的にはそれほど重要視されていないと思います。

         

         

         

        まあ、特に気にするような健康問題など無かったり、歯に金属系の詰め物、差し歯(多くの人は外側がオールセラミックでも内部の土台が金属)が全く無い人には関係のない話なのですが・・・ちょっとね、数年前に読んだ『内なるドクター』という本の内容が衝撃的だったので、抜粋します。

         

         

         

        というのも、私自身が今まさしく、口内の金属アレルギーに苦しんでいる真っ最中で、しんどいのです。(;−;)

         

         

         

        -----------------------------------------------------------------------------------------------------

        グラディス・テイラー・マクギャレイ&ジェス・スターン著『内なるドクター』より

         

         

         

        ひそかに広がる水銀中毒

         


        私のクリニックには、原因不明の苦痛を訴えて来る患者も大勢いた。
        たとえば手足のしびれ、関節痛。頭痛、めまい・・・・。
        多発性硬化症らしき症状を訴える人もいたが、検査をすると、多発性硬化症でも他の病気でもない。

        私はよくよく考えたあげく、一つのことに気づいた。
        それは、患者たちの身体については隅から隅まで調べていたが、歯と歯茎については調べていない、という事実だった。

         

        そこで私は、このような患者を数人、信頼できる歯科医のところに送ってみた。

        ホリスティック医学によって、歯だけではなく患者全体を診る歯科医、シーセル・バートン博士だ。
        (歯痛とは、身体のどこかから来る第二次感染の結果であることも多い)。

        バートン先生は私の知る限り、患者と膝をまじえて個人的な問題も含め、相談にのってくれる、唯一の歯科医だった。

         

        患者たちを送り始めてしばらく経つと、バートン博士から報告書が返ってきた。

        その報告書には、患者たちの身体症状の原因を彼らの口内に発見したと書かれていた。

        それは主に、歯科治療で使われる合金の詰め物に含まれる水銀、ニッケル・クロームの人工歯冠(クラウン)などで、実際にバートン博士がこれらをはずした結果、驚くほどたくさんの人々の症状が消失しているらしい。


        バートン博士によると、虫歯治療に使われる銀の詰め物はアマルガムと呼ばれる合金で、その50%が水銀でできている。
        そして、水銀は食べ物を噛む摩擦や圧力、熱いものを飲食することによって、染み出てくる性質がある。

        つまり、水銀は口の中で常に蒸発し、体内で吸収されることで、様々な症状の原因になっていると考えられるのだ。

         

        バートン博士は言う。

        「全米歯科協会はこれについて、(確かに水銀は多少染み出してくるが、心配する量ではない)と言っています。
        しかし心配しなくてもいい、とはどういうことなんでしょうね?
        それは確実に体内に蓄積され、水銀中毒を引き起こしているというのに」

         

        スウェーデンでは15年以上も前に、政府が妊婦に対して水銀合金を使用しないように勧告を出し、その後は小児への使用自粛も指示している。
        また先生によると、水銀だけでなく、ニッケル・クロームのクラウンの影響も見逃せないそうだ。

         

        「かつて詰め物やクラウンは金の合金でつくられ、プラスチックか陶で覆われていました。
        でも金の値段が高騰して、歯科医は安い金属を使うようになったんです。
        これらの金属は金の合金よりも硬いけれど、人の口に入れるものではありません。

        ニッケルアレルギーをもつ人は少なくないし、あらゆる金属は口中で唾液に接すると、電流や負電荷を引き起こすからです。
        金やプラチナなどの貴金属は正電荷を放ち、それ以外は負電荷を放つということをご存知ですか?

        負電荷というのは、神経系統を乱すことがあるんですよ」

         

        バートン先生の説明を聞いて、私は長年の疑問が氷解するような思いだった。

        30年間、ホリスティック医療の歯科医を務めてきた彼は、きっと真の意味で患者の利益を追求する医者なのだろう。

         

        「それに、水銀に安全な量なんてありません。毒なんですから。
        水銀は神経系を脅かし、不眠、鬱病、情緒不安定、物忘れ、頭痛、震え、四肢のしびれ、引きつけ、癲癇、全身性エリテマトーデス、パーキンソン病などの原因になります。
        また動物実験によって、水銀は腎臓機能を害し、免疫機能を低下させることで、
        その他の様々な病気の原因になることも明らかになっています」

         


        バートン先生の解説は科学的だが、とりわけ説得力があるのは、水銀が含まれる詰め物をはずしたら、実際に患者の様々な症状が消えた、という事実ではないだろうか。

         

        「かつて、慢性の胸痛に悩む40代の患者がいましてね。
        絶えず胸が痛いので、主治医は何年もアスピリンと血液を薄める薬を処方していました。

        しかし、私がその男性の歯を診ると、6本も歯に水銀合金の詰め物があったんです。
        そして、それをはずすと、その男性の胸痛は消え、二度と痛みは戻って来ませんでした。
        私にとっては珍しくない症例ですが、こういうことを医学界では(事例体験)に過ぎないといって黙殺します。

        つまり、その詰め物を再びその患者の歯に入れ直し、胸痛が戻ってくることを確認するまで、それを科学的な事実として認めないんです」

         

        他にも、バートン先生は水銀中毒が原因と思われる心身の変調の事例を、これまでにたくさん目撃してきた。
        ある時は、身体の節々が痛いという中年夫婦の詰め物をはずすと、彼らの症状がそろって消えた。

        あまりの快癒に感動した夫婦は、情緒障害に悩む10代の息子を連れて来た。
        少年は家に引きこもって、コーラを飲み、タバコを吸い、ロックを聴くだけの毎日を送っていた。

        彼は問診表の職業欄に、自分で「精神病患者」と書き入れていたくらいだった。


        バートン先生は当時を回想して言う。

         

        「彼には水銀合金の詰め物が9個もありました。
        そこで私は、すべての詰め物を取りはずして、害のないプラスチックの詰め物に換えたんです。
        すると、2、3日で彼の人生は180度変わりました。
        タバコをやめ、食事内容を変え、人生の向上に興味を持ち始めたんですよ。
        仕事も見つけて働き出しました。彼の両親は、どれだけ驚き、そして喜んだことか・・・・」

         

        バートン先生の助手の一人は、姉のボニタが救われたと話している。
        ボニタは深刻なニキビに悩んでいたが、水銀の詰め物をはずしてもらうと6週間ですっかり良くなり、二度と肌が荒れることがなかったからだ。

         

        また、ある女性が、数日前に左下の歯にクラウンをかぶせて以来、舌がヒリヒリして眠れないとホメオパシー専門医を訪れた。
        その医者は水銀合金の害について少し知識があったので、彼女をバートン先生に紹介した。

        バートン先生が診ると、この女性の中にも色々な種類の金属があったという。

        「入れたばかりの新しいクラウンはニッケル・クローム製でした。
        金のクラウンもあったから、正反対の電流が炎症を引き起こしていたんです。
        ニッケル・クロームのクラウンを取り、金と陶でできた新しいクラウンをつけると痛みが消え、問題は解決しました」

         

        これは電流と負電荷によって口の中に不調和が生じ、それが心身の不調和につながった例だろう。


        「今ではほとんどの歯科医が医者ではなく、歯の大工になってしまいました。
        彼らは歯の構造や、あるいは自分の儲けにしか目が行きません。
        しかし、医者は患者の全体を見なくてはいけない。
        また、患者には、骨の健康管理から学んでほしいですね。
        歯が一生を持ちこたえるには、歯だけを見ていてはダメなんですから。

        歯を守ろうと思えば、身体全体の健康、健全な免疫系が必要です。
        とりわけ、骨がダメになると歯がゆるくなり、それは歯周や歯茎の病気を招く。
        歯の外側は不活性で象牙のように無機質ですが、その内側は生きた骨であり、その中に血管と神経があります。
        だから歯は無機質ではなく、有機的な生命そのものと言えるでしょう。
        そして骨や歯の代謝に、マンガン、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの微量ミネラルが必要なわけです」

         

        (中略)


        10数年前にバートン先生が水銀の詰め物をはずし始めた時、アリゾナ州の歯科医たちは、彼をペテン師と言って蔑んだ。
        彼らは、バートン先生が金儲けのために患者をだましていると口々に批判したのだ。
        しかし、バートン先生は患者たちの健康に貢献しているという自信があったので、ひるまなかった。


        彼の患者たちも、症状が改善されたと口コミで伝え合って、卑劣な批判を抑える協力を惜しまなかった。

        実際、バートン先生は人々を救うために、この治療をやめるわけにはいかなかったのだ。


        たとえば、神経系を侵された7歳児、テレサの症状はひどいものだった。

        「テレサは幼い頃、ジュースやミルクの入った哺乳瓶をくわえたまま寝かしつけられていたせいで、乳歯が腐るほど虫歯がたくさんできてしまったんです。

        郡の小児歯科医の治療室に連れて行かれたテレサは、ほとんど全部の歯にクローム合金のクラウンをはめられ、
        1本の歯には大きな水銀合金の詰め物を入れられてしまってね。
        テレサが笑うと、クローム合金の歯がズラリと光っているような状態だったんですよ」

         

        これらの処置が終わると、すぐにテレサの顔はたるみ、口元からヨダレを垂らすようになった。

        そればかりか、彼女は片足を引きずって歩くようになり、物覚えが悪く、疲れやすい無気力な子供になってしまった。

        歯医者に行く前は、みんなのお手本になるような子供だったのに。

        これらはすべて、ニッケルアレルギーと水銀中毒による神経障害の症状だった。

         

        テレサの母親は、内なるドクターの声を聞いたのだろう。

        医者たちはテレサが珍しい遺伝性疾患で神経系を侵されたと言ったが、母親は歯科医の治療に関係していると直感して、子供をバートン先生のもとに連れて来た。

        バートン先生がニッケルのクラウンと水銀合金の詰め物をはずす治療を行うと、たちどころにテレサの健康状態は改善し、神経障害と思われる症状が消えた。

        彼女は礼儀正しく集中力のある活発な子供に戻り、ぐっすり眠ったり、元気に走りまわったりできるようになった。

        学校でも、以前のように無気力で疲れることがなくなった。
        こうしたテレサの変わりようこそが、すべてを物語っていると言えるだろう。

         

        バートン先生が手足のしびれに悩む年配の女性を診た時には、治療中に泣かれたことすらあったという。

        水銀合金の詰め物を取った途端に、その女性はいきなり手を上げ、両手を合わせて泣き始めたのだ。
        驚いたバートン先生は、治療の手を止めて聞いた。

        「どうしました?」
        すると彼女は泣き続けながら、こう言った。

        「指先に感覚が戻って来たんですよ、先生!

        もう7年も指の感覚がなかったのに、今、感覚が戻って来たんです・・・・」

        バートン先生が他の歯科医に何と言われようと構わないと思うのは、こんな時なのだ

        自分の経験を信じて誠実な仕事をしている歯科医は、バートン先生だけではない。


        カリフォルニア州、マリブ在住のトム・ハーシュ先生もそんな歯科医の一人だ。

         

        「私はもう何年も患者の歯には、水銀の詰め物をしていません。
        逆に5百人以上の患者の口から、せっせと水銀の詰め物を取り出しているんです。

        先日もウロコ状の発疹が出ている女性の患者が来ましたが、彼女の歯から水銀の詰め物を取ってクォーツの合成物に換えたところ、
        1,2週間で発疹が消えました。本当にその変化は驚くほどなんですよ」

         

        ある時、新患がハーシュ先生の歯科医院にやって来た時のことだ。

        その患者は肩をがっくり落として、打ちのめされたように見えた。
        その様子は、声をかけることさえはばかれたほどだ。彼は無言で椅子に座っていた。
        古いブリッジを調べていたハーシュ先生が、水銀合金と思われる一片をつついて取ると、
        その瞬間、彼は背筋をピンと伸ばして座り直し、こう言った。

         

        「先生が今、何をしたのかわからないけど、何だか自分が変わったような気がします。
        解放されたような気がして、生きてるって感じがするんです」

        ハーシュ先生は、合金の詰め物から出た水銀が患者の神経系に入り込み、彼のエネルギーに悪い影響を与えていたと確信している。

        先生が古いブリッジをはずし、水銀なしの新しいブリッジに換えると、彼は晴れやかな表情の、落ち着いた人間になっていたそうだ。
        「つまりそれだけで、その男性の人生はすっかり変わってしまったわけです」

         

         

        ハーシュ先生と同じくデール先生も、マリブで開業している歯科医である。彼女は注意深くこう言う。

         

        「予後について、断言はできません。

        ある患者は症状がすぐに軽減され、ある患者は水銀が解毒されるまで何ヶ月もかかるんですから。
        それは個々人によって、まったく違うんです。
        水銀の詰め物を取ったら即座に良くなった多発性硬化症の患者を見たことがありますが、他の患者なら何ヶ月もかかったかもしれません。
        私が見たところ、情緒的な人ほど水銀に対して敏感で、すぐに反応が現れるような気がしますが・・・

        また、水銀は免疫系に負担をかけるので、体質的に敏感で、安定した生体環境にいる人たちよりも、
        ストレスの多い都市部の人々への影響のほうが大きいように思います。
        ところで、私は水銀を取った後の処理も充分に考慮します。
        つまり、陶と金のどちらがその人の体質に合うか、検査をするんです」

         

        さて、あなたの口内には、これら水銀の詰め物やクラウンはないだろうか?
        今現在、これといった症状がなかったとしても安心はできない。
        水銀の影響が現れるまで、何年もかかることがあるからだ。
        その間、水銀は免疫機能を徐々に落とし、体内に蓄積しながら、ひそかに身体への影響を広げていく。

         

        デール先生は強調する。

         

        「もし、あなたに子供がいるのなら、歯科医が子供の歯に水銀合金を詰めることを許してはいけません。
        人生のスタートから有毒な金属を入れるなんて、あってはならない。
        知っておいてほしいのは、水銀が陶で覆われていようと、関係ないということです。
        水銀は必ず染み出てくるものなんですから・・・・」

         

         

         

        -----------------------------------------------------------------------------------------------------

         

         

         

         

         


        人気ブログランキング

         

         

         


        | 1/1PAGES |

        お薦め記事

        最新の記事

        カテゴリー

        月別アーカイブ

        検索

        その他

        モバイル

        qrcode
        無料ブログ作成サービス JUGEM