ヘミシンクで効果のある人とない人

0



    え〜と、この記事は、これからヘミシンクをはじめようとしている人は、お読みにならないでください。ヘミシンクでより早い効果を出すには、思い込みというのは重要な要素だからです。下にスクロールしないでくださいね。(-@∀@)<WARNING!!


    でももし、「もう5年は毎日のようにヘミシンクを続けてるけど何にも体験できない・・」というような人には参考までにどうぞ。












    ☆☆☆☆




    残念ながら、ヘミシンクは効果がある人とない人に分かれてしまうツールです。これを言ってしまうと夢も希望もないのですが、ヘミシンクがこれだけ普及した現在はごまかすことはできません。少なくとも、私はそう思っています。



    というのは私自身が、かれこれ14年はヘミシンクを続け、セミナーにも行き、ヘミシンク本を片っ端から読んで、そのアドバイスに従って試行錯誤してきても、ヘミシンクというツールでは、なんら体験を得られなかったからです。


    まあ、自分がどのくらいの期間、ヘミシンクをしてきたのか正確にはよくわからないんですけどね。日本で手に入るようになってから即効で買ったのは確かです。ヘミシンクは私にとって憧れの道具だったから。まだ坂本政道さんが世に出てくる前だったので、英語版しかなかったけど、ようやく手にした時はすごく嬉しかったです。



    「とにかく、このバイノーラルなんとかってのを聞けば、異次元世界のようなものを体験できるんだっっ(゚Д゚*) 」




    ・・・と、呑気に思っとりました。


    しかし、聞けども聞けども何も起きない。日本語版が手に入るようになり、セミナーが開催されるようになったので参加しても何も変わらない。そんなこんなであっという間に10年以上が経ちました。



    ☆☆☆☆



    ヘミシンクをはじめて2・3年とかの短期間でアッサリ体験をするようになった人たちは、体験できない人たちに対して、「その人の信念に問題がある」などと、相手の心に何か問題があるかのような考え方をすることがあります。



    私も最初はそう思っていたんですが、今では違うと思っています。ヘミシンクには劇的な効果が出る人とそうでない人がいるのです。その原因は「脳」にあるんじゃないかと思ってるのだけど、正直よくわかりません。



    そもそも私の場合は、ロバート・モンローの『体外への旅』を読んだのをきっかけに、中学生ぐらいから頻繁に体外離脱をするようになっていました。(途中から脳内現象だと思うようになりましたが)



    だから、もし自分がヘミシンクを手に入れたら、さぞかし今まで以上に体外離脱をしたり、ヴィジョンを見たりするだろう、と思っていたんですよ。



    正直自信がありました。その上で、ヘミシンクで起きる体験が脳内現象なのかどうかを、じっくり見極めてやろう!そう考えていたのです。「ヘミシンクで何かが起きる」ということに関しては疑っていなかったので、そこには心のブロックもクソもないのです。



    ところが、どういうわけかヘミシンクをしている時に限って、ヴィジョンが見えたり体脱現象が起きるということがありませんでした。ちなみに、私が体外離脱をするのはヘミシンクを聴いていない時に限り、自力です。逆にヘミシンクをしながら体外離脱をすることは無理。



    以前は私、「ヴィジョンを見る」なんて、普通にできると思ってたんですよね。ヴィジョンが見えるからといって、それが死後世界だとかの体験とは限らないし、ヘミシンクをする前まで、このような「ヴィジョン体験」が難しいものだという感覚すらもありませんでした。



    ところがどっこい、私がヘミシンクをするようになって知ったのは、


    「人間が目を閉じた状態でビジョンを見るのってすごく難しいんだな・・」ってこと(´∀`;)




    ☆☆☆☆



    私は、「体験できないのはその人の心に問題が」という意見には、賛成できません。疑り深いブルース・モーエンだって、嫌でも体験していたのだから。



    だからといって、2年、3年の”ヘミシンクをしても真っ暗闇体験が続く”くらいで「自分は素質がない」と諦めてはいけませんよ〜。そんなの普通ですから。3年続けて何も起きなかったけど、突然体験が始まった人だっているしね。坂本さんもそんな感じじゃなかったですかね。問題なのは、10年地道に続けても何の体験も得られないタイプ。



    セミナーで、自分が体験できない理由を聞こうにも、そもそもアクアヴィジョンのトレーナーたちというのは、ヘミシンク歴が短い段階でアッサリ体験しちゃった人たちなので、私にはまったく参考になりません。単に彼らは、最初からヘミシンク向きの体質を持っていた人たちの集団なのです。いや、「あなたには向いとらんのです」なんてハッキリ言われても切ないですが。



    そういえば、あるヘミシンク・トレーナーの人の本に、どれだけ試行錯誤してヘミシンクをやろうとも、アメリカのモンロー研究所に行こうとも、一向にヘミシンク体験ができないAさんという人の話が出てきました。このAさん、「なぜ自分はミシンクで体験できないんだろう??」ということに悩み、霊能者にまで相談する始末だったそうです。



    わかるわ〜このAさんの気持ち!(。`Д´。) 



    Aさん、アンタはワシか!というくらい一緒ですよ。きっと、このAさんは、ヘミシンクは努力さえすれば効果が現れるツールだということを信じているから、霊能者なんかに相談しちゃったんでしょうね。しかしAさんは悪くない。Aさんの心のあり方が間違ってたわけでもない。霊能者はAさんに、「あなたにはヘミシンクは向いていないのかもしれませんね・・」と言ったそうですが、実際、Aさんはヘミシンクに効果があるタイプではなかったのだと思います。



    どんな人であっても可能性がゼロとは言いません。向いていない人でも20年続けたら効果が出るかもしれません。例えば、第6チャクラが覚醒するとか松果体が活性化するとか、何か変化があったら体験が始まる可能性はあります。しかしそれは果たして「ヘミシンク効果」でしょうか?



    ☆☆☆☆



    はっきり言って、「見える人」というのは別にヘミシンクなんてしなくても「見える」傾向が高いです。ビジョンが見えるタイプの人は、退行催眠や、誘導瞑想などをしてもあっさり何かを見るのです。スピ系ワークショップによくいません?そーいう人。



    ブルース・モーエンが行ってるワークショップだって、ヘミシンクを使わないで行って、「こんなヴィジョンが見えた」「あんなのが見えた」とか言ってる人が多発しています。だから、この人たちは別にヘミシンク使っても使わなくても見えるんだってば(笑)ヘミシンク関係なし。



    何もここで私は、向かない人はヘミシンクを諦めろと言いたいわけではありません。ここ重要です。実は私は未だに未練がましくヘミシンクを続けているんです(笑)というのも、ヘミシンクのゲートウェイシリーズの準備運動は、体外離脱で異次元世界に行く際の準備として有効ですからね。



    「オマエ、体外離脱するならヘミシンクとか別にいいだろ」と思われるかもしれませんが・・・いやいや、体外離脱での異次元体験とヘミシンク的なヴィジョンでの異次元体験は、どちらにもメリットとデメリットがあって、私としてはヘミシンク式の知覚方法にもちょっと羨ましい点があるわけなんですよ。だから、できれば両方の能力を持ちたいんです。



    ちなみに、私の知人で明晰夢の達人みたいな人がいるのですが(霊界出入り禁止くらったA君ではない)、この人もいくらヘミシンクをやってもサッパリ効果がないそうです。こういうタイプは一定数います。
    しか〜し、だからといってガッカリしないでください。



    ヘミシンクをしても効果がないからといって、異次元世界を体験できないわけではありません。



    このタイプの人でも、明晰夢を使えば異次元体験はできるので、そっちを試してみたらどうでしょう?妄想なのではないかと悩むような視覚的なヘミシンク体験より、現実に近いリアル感を持つ、体外離脱や明晰夢の世界はすご〜く楽しいと思いますよ。(この話題は、次回へ続く)










    人気ブログランキングへ





     

    | 1/1PAGES |