月に願ってはいけない

0

     

     

    伊勢白山道の主張には、時々、トンデモとしか思えないようなものがあります。

    例えば、月は二つあり、一つは人工物・・・だとかさ。

    なんかそーいうSF的な話。

     

     

    でも、あの人が「夢物語だと思って聞いてください」と言っていることの

    幾つかを私は別の霊的世界の存在から教えられていたので、

    「どうしてこの人は知っているんだろう?」「タダモノではない」

    と思うようになったのが、4・5年前位でした。

     

     

    まあ、私自身が関わった霊的世界のことは話せませんが、

    地球の人間の負の感情エネルギーを食している存在がいるとか、

    そういうのは本当のことなんです。

     

    そういったことは、幽界の次元までしか知らない人

    (本人達は高次元と思っている)でもわりと知ること。

     

     

    でも、だからといって現実を生きる人間には関係の無い話です。

     

     

    苦しみながらであってもスピリチュアルや宗教に依存しないで、

    成功しなくても真面目に働いて、現状に感謝しながら前向きに

    「現実を」生きた人間ほど幸福になり、後々、救われる世界であるので、安心していい。

    生きているうちに報われなくても、死後は、善人の苦労人ほど、

    報われる霊的法則であるのが真相です。

     

     

    スピリチュアルは、依存すればするほど不運になるだけなので、

    関わらないようにしたほうがいいですよ。

     

     

    では、伊勢白山道に依存するのはいいのか??

     

     

    いや、あれを全部マトモに読んで理解したら、楽して成功しよう的なスピとは縁を切り、

    地道でも真面目に働き、少しでも人の役に立てる人間になるよう生きるようになるでしょう。

    働いてれば、ブログに常駐する暇もないわけだし。

    今まで不幸だった人間も、幸福を感じられるようになる可能性があります。

     

     

    ただし、スピの有料先生以外はね。

     

     

     

     

     


    決して話せない霊的世界の体験

    0

       

       

       

      一年中、ここで伊勢白山道の話をするので、

      信者ブログみたいになるのは本意ではないのですが、

      そうは言っても、私が体験して知った霊的真実と、

      伊勢白山道の主張の核心が殆ど同じなので(まあ、全部が全部じゃないけど)、

       

      てっとり早く、伊勢白山道の本を読んでくれ〜、って伝えたほうが、楽なのです。

       

      なぜなら、私は自分自身の体験談を書くことが出来ないのですよ。

      危険だから。

      本当はね、具体的に某スピ世界の○○○×××とは関わるな!!

      という話をしたいのですが、無理です。

       

       

      これまで、伊勢白山道のブログのコメント欄で、その○○○×××の「概要」を

      固有名詞を出さずに、ざっくりと書いただけでも絶対掲載されない。

      伏字でもNGなことなんです。

       

       

      まあ、話せなくても、とりあえず伊勢白山道のQ&A本の主張通りに従っていたら

      関わる確率がかなり減るモノなのでね、別に話さなくてもいい。

       

       

      とにかく、「現実の人生、現実の仕事や行動、地道な努力から引き離すスピ」とは一切離れることです。

      自分自身がそうなっていたら、アウトということですよ〜〜〜

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      「引き寄せの法則」教は結果的に大損する

      0

         

         

        駄目そうなやつは、全部消したと思い込んでいたら、このブログ内で

        「引き寄せの法則」関連本に誘導する記事が幾つかありました。

        改めて読み返したら我ながらクソみたいなことが書いてあった。

        ごめんなさい。本のリンクは消さなきゃね。

         

         

        引き寄せの法則本と言っても、

        その昔に流行した、「逆境をバネに」みたいな熱苦しい

        行動と努力重視のビジネスマンが読むような成功哲学なら、全然OKなのですけどね。

        問題なのは、スピリチュアル系の引き寄せの法則本のほう。

         

         

        「引き寄せの法則」の何が問題かって?

         

         

        いや、あれの霊的な真実性は、たぶん2・3割くらいかな。

        例えば、感謝することが現実に良い作用をもたらすとか、

        思考が現実に与える良い影響とか、霊的にもそれは正しい法則であると思います。

         

         

        ちなみに、私の太陽霊光のあぶり出し現象の発動を抑えていたのが、

        日々の日常の感謝だったようだし、

         

         

        感謝だけは本当に肉体にも霊的にも人生にも有効に作用する心の法則です。

         

         

         

        ****

         

         

        引き寄せの法則本に深くハマることの有害な作用は、行動と努力を否定して、

        ワクワクとイメージの力だけで現実を引き寄せようとする教えがあること。

         

         

        チャネリング系の「引き寄せの法則」関連本を多く読み、傾倒すれば傾倒するほど、

        人間の人生の中に存在する理不尽な苦しみや苦難を経験する

        価値が見出せなくなっていきます。

        その傾向は、宇宙人系のチャネリング本に顕著。

         

         

        もう発展途上国に生まれた、どうにもならない境遇の人たちや

        身体的障害を抱えていることに克服できないような人たちに対して、

         

         

        ワクワク幸せに楽しく生きることが出来ないなら生きている価値なし、死ね!

        ・・・って言ってるような内容ですからね。
        それが理由で私は、長年引き寄せの法則って、大嫌いでした。

         

         

        そう。嫌いでイチャモンつけていた癖に、
        「別に害はないだろう、ポジティブ教だから」と読み続けていたから私はアホなのです。

        2010年頃、伊勢白山道のブログで

        「引き寄せの法則は魔界の陰謀」と書かれたブログを読んだ時、私は

        「リーマンさんの主張ってすごい極端でカルト的で、まるでキリスト教原理主義者みたいだ」

        と胡散臭く思ったもんだ。

         

         

        すいません、10年経って思い知った真実は、、、リーマンさんが正しかった。

        「ポジティブ思考だから試すだけなら害にならない」と思って

        その思想哲学に関わってはいけません。

         

         

         

        ポジティブな内容だからいいってもんじゃないよ。

         

         

         

        リーマンさんに言わせれば、引き寄せの法則には「回収」があり、

        結果的に大損するそうだけど、まあ、私の経験上でもそうでした。

         

         

        アレは、長い目で見た時に気づくのですが、目先の楽な方向に逃げたり、

        祈願だけで利益を得ることで、結果的には、人生で一番大切なモノが無くなっていく法則です。

        問題が無いのは、スピに関わらない自身の現実的な苦労と努力によって得た成功だけ。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        現在の状況

        0

           

           

          一年中、霊体、霊体、言ってすいませんね。

           

           

          今の私の霊体の状態は、ジェル状の冷えたアイスノンみたいな感じです。

          それの一体何が辛いのかって説明するのが難しいのですが、

           

          最近読んだ、『ロングウォーク〜爆発物処理班のイラク戦争とその後』という本の

          著者であるイラク帰還兵の帰国後の症状がですね、

          同じではないのですが似ていて、彼の言っている絶望の意味がわかるの。

           

           

          著者のブライアン・キャストナーは、爆風による外傷性脳損傷により

          一連の苦しい症状が、「ある日、突然起きた」そうなのですが、

          ・・・もしかして戦争の帰還兵たちって、霊体をおかしくしてるんじゃないですかね。

           

           

          自分が他人に与えたモノ、放った感情などは、いつか自分の霊体に反映するので、

          米軍兵士たちの霊体がおかしくならないわけがない。

          いや、本当に脳の問題かもしれないし、わからないですけどね、他人のことは。

           

           

          そういうことを言っちゃうと、私自身の症状が

          統合失調症とか幻覚性ナントカとか、心の病として疑われそうですが、

          あーあ、そうだったらどんだけマシか。

           

           

          私だって無神論者だった頃、霊的な言動をする多くの人たちを

          人一倍、「統合失調症なんじゃねーのか」とかキチガイ扱いしていたのですよ。

          これも因果応報ってやつか。

           

           

           

          それでも私は諦めないけどね、必ず復活しなきゃ。

           

           

           

           

           

           


          「霊的垢」を知覚できない霊能者たち

          0

             

             

             

            私が知る限り、霊的垢(れいてきあか)などという変わった概念に

            言及している能力者は、伊勢白山道のリーマンさんしかいません。

             

             

             

            まあ、真実を話す人間がたくさん溢れていたら、この世のテストにならないから仕方がない。

             

             

             

            でも、太陽霊光による炙り出しを経験すると、

            霊的垢としか言いようがないモノが今まで自分の霊体に潜んでいたのだとわかります。

            https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/aa0f02342ee13f9f154f4428c1bc8821

             

            「大きな電子レンジの部屋の中に、薄い鉄板を体に巻き付けた
            人間が入るとします。体内にも鉄棒が埋め込まれていると仮定してください。
            そして、スイッチが入ればどうなるでしょうか?
            強力な電磁波ならば、体内から大火傷になるでしょう。」

             

             

            ・・とありますが、本当に彼の仰る通り。

             

            まるで今の私は、自分の霊体が電子レンジの中に入れられているような感じですよ。

            表面化した霊的垢に反応して、霊体のあちこちが沸騰したようにブクブクしてるし、

            お腹を中心に体内から焼かれるようで、体がヒリヒリします。

             

             

             

            この霊的垢というのは、霊体というパイプに詰まった垢や汚れ

            ヌメリのドロドロみたいな感じのものなんですね。

            当然、霊体次元の話しなので、病院に行って治るものではありません。

             

             

            例えるなら、他人のヒーリングという菌が混入して、

            牛乳が腐ってヨーグルトのカスになった・・・というようなイメージ。

             

             

            パイプにゴミや垢が溜まっていたら、本来流れるはずの生命エネルギーが流れないでしょう?

            だから、垢のこびりついた箇所にはエネルギー不足で力が入らなくなるし、

            生命エネルギーが流れていないと、体の細胞の老化が進みます。

             

             

            この垢を知覚できない有料の霊能者やヒーラーたちは、せっせと

            病気で悩む人から金を巻き上げた挙句、自分の霊的垢を付着させて、多くの人の健康や寿命を

            奪っているのですが、生きているうちに気づけない人たちばかりです。

             

             

            私ね、今までリーマンさんが、「有料先生たちは地獄逝き」って言っていたのを読んで、

            いくらなんでも流石にそこまでは厳しすぎるでしょ!って思っていたんです。

            だって、殺人や、陰惨な暴力行為ならともかくねぇ、、、

             

             

             

            ヒーリングが詐欺や傷害に該当すると考えても、

            来世で自分がやった同じ数だけ引っかかればいいだけの話じゃないですか。

             

             

             

            でも、ヒーリングや霊的伝授を「受けたほう」の私が、こんな目に合ったことで、

            霊的なモノの取り扱いに対する、この世の仕組みの厳しさを思い知りました。

             

             

             

            リーマンさんも言う通り、なぜ型の違う血液を輸血すると生命の危険が及ぶのか

            それを深く考えたところで、そういう仕組みだからとしか言えません。

            そして肉体同様、霊体という体においても、他人の気は取り入れては駄目なんです。

            単に、そういう仕組みなのです。

             

             

             

            正直言って、未だに私自身も納得しきれていませんけどね。

            ヒーリングや霊的伝授を受けるって、そこまで罪か??って。

             

             

             

             

            ただ、一つ言えることは、ダスカロスのようなヒーラーが存在して、

            有効だった時代はもう完全に終わったってことです。

             

             

             


             

             

             

             

             

             

             

             

             


            一見、ネットカルトにしか思えない伊勢白山道

            0

               

               

               

              このブログで、しつこいまでに話題に出す伊勢白山道なんですけどね、

               

               

              リーマンさんの警告することを黙って聞いていれば、

              カルト的というか、ヒステリックな印象を受ける人もいると思うんですよ。

               

               

              だって彼が言うには、

               

               

              引き寄せの法則は魔界の陰謀、へミシンクで快楽物質を出しすぎると晩年は脳がやられて危険、

              パワーストーンは運気が下がるだけ、有料ヒーラー&有料霊能者は神界における重罪地獄逝き

              スピのセミナーは主催者の色に染まるだけだから行かないほうがいい、

              ドクロは不運を招く、迷彩服は霊的なハンデを持つ、パワースポットは不運スポット

              霊的伝授やヒーリングは型の合わない他人の血を輸血するようなもので超危険・・・

              引き寄せの法則や祈願は 交換条件として後から幸運を回収され不幸になっていく、、、、

              チャネリング、占い、体外離脱は全部NG、 、、

               

               

              とまあ、伊勢白山道では、やるべき霊的実践は先祖供養のみで、

              あれもダメ、これも危険のオンパレードじゃないですか。

               

               

               

              そもそも私は、スピリチュアル全般をまともには信じていなかったので、

              危険も何も信じていないものは、有害には成り得なかったわけですよ。

              本当に当時の気持ちは、「毒にも薬にもならん」という言葉が一番しっくりくる。

               

               

               

              スピリチュアルはお金と思考時間を損するだけのものでした。

              幽霊を信じていない人が幽霊を怖がる必要はないのと一緒。

               

               

               

              それでも「目に見えない世界を信じたい」という気持ちは強かったんですよね。

              最初は試しにやってみよう、という感じでした。

              何か変わったことがあったら儲けもの。

               

               

               

              結果、そこで奇妙なエネルギーを感じたのがマズかった。

              エネルギー系のヒーリングや霊的伝授に、面白くてハマっていきました。

              宣伝で謳っていたような効果は一切なかったけどね。

               

               

              そして、小中学生の頃から起きていた体外離脱が脳内現象ではないとわかり、

              頻繁に非物質世界を行き来するようになり、霊的な体験を重ねるようになってから10年、

              人間は霊体と魂のある存在で、死後世界があることは確実に、わかったんです。

               

               

              それと同時に、これまでの私の霊的世界の経験と、

              伊勢白山道が主張している数々のことは符合し、

              辻妻があうのです。何の偶然かはわかりませんが。

               

               

               

              リーマンさんが、ほぼスピリチュアル全般を否定し(私が思うにスピの真実性は3割くらい)、

              あれもダメ、これも危険と厳しい警告をしたくもなる理由が、今ではよ〜くわかる。

               

               

               

              前回、「人生は死後世界の行き先を決める大学入試みたいなもの」って言ったでしょう。

              要するにね、精神世界には、間違った答えが書かれたカンニングペーパーが

              沢山出回ってるんですよ。

               

               

               

              ごく稀に人生哲学として、有益なもの良いものは幾つかはありますが、

              引き寄せの法則とか、宇宙人系のチャネリングとか、ワクワク教とか

              ああいう人生の苦難の価値を軽視して、甘くウマイ話に溢れたやつが「罠」なのです。

               

               

               

               

               

               

              つづく

               

               

               

               

               

               


              | 1/13PAGES | >>

              お薦め記事

              最新の記事

              カテゴリー

              月別アーカイブ

              検索

              その他

              モバイル

              qrcode
              無料ブログ作成サービス JUGEM